2005.06.03

『素晴らしき哉、人生!』(フランク・キャプラ)

素晴らしき哉、人生!

昨年のクリスマスイブには、『三十四丁目の奇蹟』をUPしました。
そして、今年のクリスマスイブにはこれをUPするつもりでした。

でも、クリスマスまで待っている場合ではなくなったので、急遽UPすることに。
フランク・キャプラの『素晴らしき哉、人生!』です。

きっかけは、昨日の夕刊の記事でした。『自殺 7年連続3万人超』の見出し。過去最悪の前年よりは減ったものの、去年1年間に自殺した方はなんと32525人。

こうしてブログを書いている間にも、一日平均90人弱の方が自ら命を絶っているかと思うと、胸が張り裂けそうになります。

そこでこの映画、『素晴らしき哉、人生!』。

クリスマスイブの夜、絶望し自殺を図ろうとする男のもとに、見習い天使が派遣されます。

そして、「自分なんか生まれて来なければよかった」という男に、見習い天使はその男がいない世界を見せます。

弟は命を失い、薬屋のおじさんは悲惨な晩年を過ごし、恋人は愛のない寂しい人生を送り、街は殺伐としたものになってしまう。

もし自分が自殺してしまったら、世界は今よりもずっと悪くなるということ。

この映画を“絵空事”だと思う方もいらっしゃるでしょう。

でも、こんな時代だからこそ、フランク・キャプラが一貫して訴え続けた善意が、良心が、新たな一歩を踏み出す力を与えてくれることを願ってやみません。

素晴らしき哉、人生!

「あーもう死にたい!」と口に出すことはあっても、実際にそうするのは本当にどうしようもないからで、自分なんかがとやかく言えることでないのはもちろんです。

自殺だけはしないと自信を持っている、根っからの楽天家の自分でさえ、いつの日か本当に追いつめられて、ひょっとしたら思いとどまれないかもしれません。

それでも、この映画のことがちらっとは頭をかすめると思います。
そして、思いとどまる力になってくれるかもしれません。

そんなことが起きても不思議ではない力が、この映画にはあると思います。

32525人の方全てがこの映画を観てくれていたら、100人とは言わないまでも、ひょっとしたら10人くらいは思いとどまってくれたような気がします。
たとえ1人でも、それはとてつもないことです。
たった1本の映画が、人の命を救うんですから。

今こうして書いている間にも、誰かが自ら命を絶っているかもしれません。
日本中の、そして世界中の全ての人がこの映画を観て、新たな一歩を踏み出せますように…。



Apple Musicでサントラを聴く♪


[原題]It's a Wonderful Life
1946/アメリカ/130分
[監督]フランク・キャプラ
[音楽]ディミトリ・ティオムキン
[出演]ジェームズ・スチュアート/ドナ・リード/ライオネル・バリモア

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『三十四丁目の奇蹟』(ジョージ・シートン)

 

TB(19) CM(12) EDIT

*Comment

■>テコさん

クリスマスといえばこれか『34丁目の奇蹟』ですよね、アメリカでは今でも毎年この映画を放送するみたいですし。
なんかもう、傑作とか名作とか、そういうのを超えてますよね、オールタイムベストと仰るのもよくわかります。
「居ない世界」を見せるというのがいいですよね~。
micchii |  2012.03.30(金) 21:02 |  URL |  【コメント編集】

■初めてうれし涙経験しました

うちは、結構前からクリスマスはこの映画を観るって決まってて
物事がわかるようになって、初めて嬉しくて泣いた覚えがあります。オール・タイムベストですね!ジョージの居ない世界は考えられませんよね。ズズの花びら、ベルの音幸せの象徴です。
テコ |  2012.03.29(木) 13:18 |  URL |  【コメント編集】

■>shake様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
次々に事件や災害などが起こるこんな時代だからこそ、今だからこそ、一人でも多くの人に観て欲しいですよね。
こちらからもまたお邪魔させていただきますね。
micchii |  2006.01.30(月) 12:38 |  URL |  【コメント編集】

■おっしゃるとおりです!

こんばんは。TBありがとうございました。
本当、この作品を世界中の皆さんに是非観てもらいたいものです。
きっと生きる希望が沸いてくると思います。

またお邪魔させていただきます♪
shake |  2006.01.28(土) 22:29 |  URL |  【コメント編集】

>くるっぱー様
TB&コメントありがとうございます。
「それでも、それでも!!」というの凄くよくわかります。
そして、この映画を観た人が絶望の淵から救われる、そんなことが起きても不思議ではない力がこの映画にはあるような気がします。
micchii |  2005.06.09(木) 17:55 |  URL |  【コメント編集】

■素晴らしき哉、人生!

映画や芸術がはたして世の中になにができるのだろう と 思うことがあります。
今絶望の淵にいる人のもとへ、この映画の主人公のように、天使がきてくれたりするわけではありません。
それでも、それでも!! と思います。
>この映画を“絵空事”だと思う方もいらっし>ゃるでしょう。

>でも、こんな時代だからこそ、フランク・キ>ャプラが一貫して訴え続けた善意が、良>心が、新たな一歩を踏み出す力を与えて。くれることを願ってやみません。

私もそう願います。

くるっぱー |  2005.06.07(火) 03:19 |  URL |  【コメント編集】

>ユセヒロミ様
こちらこそコメントありがとうございます。
訪問ぜひお待ちしていますね。

>nackyのんしゃらん様
TB&コメントありがとうございます。
感想をアップしている映画はどれも大好きな映画ばかりですので、もし参考になったら嬉しいです。

>はやし様
TB&コメントありがとうございます。
自分も新聞で数字を見た時にはびっくりしました。
ほんとに一人でも多くの方に、というより全員に観て欲しいですよね。

>mayumi様
TB&コメントありがとうございます。
ブログタイトルの元になってしまうほど、ほんとに素晴らしい映画ですよね。
「この世に必要のない人間なんていない」、よく聞く言葉ではありますが、そのメッセージが心にしっかりと響いたのはこの映画が初めてでした。

>ライファート様
TB&コメントありがとうございます。
「誰かが生きていくことは、それだけで誰かに影響を与えている」、普段はなかなか感じることができませんが、この映画はそのことを感じさせてくれましたよね。
忘れることなく日々を過ごしたいものです。
micchii |  2005.06.06(月) 15:08 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

「素晴らしき哉、人生!」は、本当に心に残る名作だと思います。誰かが生きていくことは、それだけで誰かに影響を与えている。そのことによって救われる人は、たしかに存在しているはず。だから、がんばろう、そんな風に思えます。

TBいただいていきますね。
ライファート |  2005.06.04(土) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

こんにちは。TBありがとうございました。
この作品は、自分のブログタイトルの元になっているぐらい、大好きな作品です。
この世に必要のない人間なんていないんだ、そう思わせてくれる作品でした。
確かに、自殺をしようとしている人たちに観てもらいたいですね。勇気付けられる作品だと思います。
mayumi |  2005.06.04(土) 02:22 |  URL |  【コメント編集】

■TB有難うございます!

>一日平均90人弱の方が自ら命を絶っている

ひぇーーそうなんだ・・・
確かに「先ずコレを見ろ」って言いたくなりますね。
はやし |  2005.06.04(土) 01:12 |  URL |  【コメント編集】

■トラックバックありがとうございました。

私もトラックバックさせていただきます。
これからもすてきな映画を教えてください。
nackyのんしゃらん |  2005.06.03(金) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます

こんにちは。トラックバックありがとうございます。また遊びにきますね。
ユセヒロミ |  2005.06.03(金) 17:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/173-1989e755

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『素晴らしき哉、人生! 』

素晴らしき哉、人生!この映画を、あえて今見ようと思ったきっかけは、とあるニュースで見たランキングの影響を受けたからだ。イギリスのHMVでのアンケート調査、「もっとも感動した映画ランキングベスト10」の第4位に、この映画が入っていた。この映画以外の....
2007/10/02(火) 23:17:56 | 女子大生の映画評論

三十四丁目の奇蹟

クリスマス映画のお勧めを三本。 こういう映画を見ると、ハリウッドが「夢の工場」と呼ばれた理由がよく分かる。 【 Miracle on 34th Street 】 監督・脚本:ジョージ・シートン (1947年・米) 原作:ヴァレンタイン・デイヴィース 撮影:チャールズ・G・クラーク、ロイ
2006/12/31(日) 13:37:09 | 鏡の誘惑

素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生! It's a Wonderful Life(1946)自分の大人度がためされるアメリカを代表するクリスマス映画といえばこれといわれる映画「素晴らしき哉、人生」。題名だけはよく聞いていましたが、古い映画だし、まぁそのうちとおもっていましたけど、すごくいい映画で
2006/12/08(金) 21:14:29 | MY BEST HIT TODAY!

素晴らしき哉人生!【映画の話】

毎年 このシーズンになると レンタルビデオのTUTAYAにはクリスマス特集の棚が出来てそれにちなんだ
2006/11/13(月) 01:22:38 | おとなちゃれんじ!

素晴らしき哉、人生!

「素晴らしき哉、人生!」を観た。心やさしいジョージは故郷の小さな町を飛び出し、世界を舞台に活躍する夢をもっていた。しかし、相次ぐトラブルで町にとどまり、父の会社を継ぎ、そして家庭をもった。町の人々からも
2006/07/24(月) 00:34:04 | 雑記のーと Ver.2

『素晴らしき哉、人生!』’46・米

あらすじクリスマスイブに人気者のジョージ・ベイリーという男が人生に絶望し身投げをしようとしていた。彼を救って欲しいという人々の願いは天使の耳に届いた。どうして彼は絶望してしまったのか?天使は彼を救う事が出来るのか?感想Yahoo!動画で観ました。アメリカでク..
2006/02/21(火) 23:59:07 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生!1946年度・米・133分 It's a Wonderful Life■監督:フランク・キャプラ■脚本:フランセス・グッドリッチ/アルバート・ハケット■出演:ジェームズ・スチュアート/ドナ・リード/ライオネル・バリモア冒頭から約90分もの間、少年時代から不遇...
2006/01/28(土) 22:30:44 | シェイクで乾杯!

素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生〈特別版〉IT'S A WONDERFUL LIFE1946年 アメリカ 130分監督 フランク・キャプラ出演 ジェームズ・スチュアート ドナ・リード ライオネル・バリモア ヘンリー・トラヴァース トーマス・ミッチェルもし自分が生まれていなかったら・・・ジェームズ
2005/08/20(土) 00:30:05 | I LOVE CINEMA +

素晴らしき哉、人生!

(1946/フランク・キャプラ監督・製作・共同脚本/ジェームズ・スチュワート、ドナ・リード、ライオネル・バリモア、ヘンリー・トラヴァース、トーマス・ミッチェル、ウォード・ボンド、ボーラ・ボンディ、フランク・フェイレン、グロリア・グレアム) <郵政解散>な
2005/08/11(木) 12:25:53 | ::: SCREEN :::

◆素晴らしき哉、人生! (フランク・キャプラ)

素晴らしき哉、人生!心の底から、そう言える人生を過ごしたいものです。ハリウッドのハートウォーミング番長、フランク・キャプラ監督は、その答えをストレートに映画で語っています。
2005/06/07(火) 03:14:23 | 天つば↑↓CINE TALK

●友ある者に敗残者なし

TBありがとうございます。ひとつ、ある幼児の話を……。「死にたい奴は死ねぇー!」という歌詞の曲(ピーズ)を聞き、気に入ってしまった。そして、大きな声で歌うのです。「死にたい奴はいねぇー!」と。素晴らしき哉、聞き違い!
2005/06/05(日) 14:38:15 | 今宵、エイガ・ケンサク。

素晴らしき哉、人生!

監督:フランク・キャプラ脚本:フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット出演:ジェイムズ・スチュアート、ヘンリー・トラバース、ドナ・リード他街一番のお人よしジョージ・ベイリーはクリスマスの時期に事業の全てが裏目に出て、絶望のどん底に落とされる。絶望の
2005/06/04(土) 22:27:31 | ウゴウゴエーガ!

「素晴らしき哉、人生!」

 1946年/アメリカ 監督/フランク・キャプラ 出演/ジェームズ・スチュワート     ドナ・リード 大好きな映画です。ブログタイトル「It’s a Wonderful Cinema」はこの映画の原題「It’s a Wonderful Life」から拝借しました。それぐらい好きな作品です。
2005/06/04(土) 02:17:50 | It's a wonderful cinema

レンタルメモリ「素晴らしき哉、人生」

名作って言われてたから(いや、いろんな本とかでね)見なきゃ!と思いつつも拒がなかったのが今回、やっとこさ見ることが出来ました。 しかもプロジェクター使用だからでっかい画面で。 あらすじは 主人公のジョージという男は、いつも何処かでツキに見放され、逆境にばか
2005/06/04(土) 01:10:11 | 遥かなる映画道

いま、自殺をしようと決意したそこのあなた!とりあえず読んでみて。

昨年一年間の自殺者は32325人で、7年連続で3万人を突破したと。警察庁の調べだそうです。過去最悪の一昨年よりは、6・1%(2102人)減だそうです。このうち全体の4割以上を占める30~50歳代男性の動機で最も多かったのは、借金苦や生活苦など。景気に
2005/06/04(土) 00:07:52 | カツユキ帝国

クリスマスシーズン近づくということで、デザインまたもや変更。

カツユキ皇帝がクリスマスに毎年見ている映画がこれ「素晴らしき哉人生」。人生を投げ出したくなりそうになったとき、恋に破れて打ちひしがれているとき、この映画を見ると「生きているってことはありがたいことなんだ!」と改めて思います。
2005/06/03(金) 23:38:08 | カツユキ帝国

『素晴らしき哉、人生!』という古い映画を見ました

 毎度おなじみ? 二週間に一度のペースでお兄さんに連れていってもらってます 読書サークルのミニ上映会 これで三度目の参加です二度目は2005年04月09日どした 今回はこれです『素晴らしき哉、人生!』 ふるーいモノクロのアメリカ映画でした 途中ちょっと眠ってし...
2005/06/03(金) 22:20:52 | nackyのんしゃらん日記

素晴らしき哉、人生!(必見)

クリスマスも近づきました。超おすすめの1本。騙されたと思ってDVD等でこの映画を!「映画が好き」と言うと「一番好きな映画は?」ってよく聞かれます。1本なんて選べやしませんが、3本と言われたらこの映画を挙げると思います。このBlogのタイトル"It's a...
2005/06/03(金) 16:33:21 | It's a Wonderful Life

素晴らしき哉、人生! It's A Wonderful Life

It's A Wonderful Life フランク・キャプラ 監督の心温まるニューマン・ドラマ”素晴らしき哉、人生!”は本当に生きる喜びを教えてくれる映画です。 
2005/06/03(金) 14:26:07 | Audio-Visual Trivia for Movie & Music

▲PageTop

 | BLOGTOP |