2005.06.15

「素敵な恋をしよう!」募集!!

カテゴリー別に皆様のお薦め映画を教えていただこうというこの企画、第2弾は、がらりと傾向を変えて「素敵な恋をしよう!」を募集します。

例によってどんな映画でももちろん構いませんが、参考までに自分がUPしている映画は、『あの夏、いちばん静かな海。』『アパートの鍵貸します』『八月のクリスマス』『ある日どこかで』『恋する惑星』などなど・・・。

あと、恋愛映画でなくてももちろん構いません。アクション映画の中のちょっとしたラブシーンだけどたまらなく好き、そのようなこだわりのシーンなども大歓迎です。

前回同様、これから映画を選ぶ際の参考にもさせていただきますし、投稿していただいた映画は、皆様が考える「素敵な恋をしよう!」な映画として、記事にもしたいと思います。

「男ならこれを観ろ!」の時は“熱い”コメントと共にと書きましたが、今回は“甘い”コメント共に、たくさんの投稿お待ちしています。

とりあえず次のカテゴリーの募集に移りますが、まだまだ「男ならこれを観ろ!」も募集していますので、書き忘れたという方も、今回初めてこの企画を知ったという方も、ぜひどうぞ!!

 

TB(7) CM(40) EDIT

*Comment

■>MamoScattaさん

またまた投稿ありがとうございます!
既出でも全然構いませんが(多い映画は4人くらいから同じ映画の投稿がありました)、こんな名作なのにたぶんまだ出ていなかったと思います。
時として“やりすぎる”ことのある二人ですが、この映画ではおっしゃるように抑えた演技で素晴らしかったですよね。
服を色々着てみる時の、ピンクの服を着た時の気合を入れるメリル・ストリープのポーズがちょっとツボです(笑)
micchii |  2013.08.06(火) 01:37 |  URL |  【コメント編集】

■MamoScatta

既出だったらすみません。
デニーロ&ストリープの「恋におちて」。
名優2人の抑えた演技。素晴らしいです!
恋におちて |  2013.08.04(日) 20:29 |  URL |  【コメント編集】

■>よしぼうさん

他のカテゴリーに投稿していただいた映画もまだ全然観れていませんが、今回も投稿ありがとうございます!
『愛のむきだし』、秘宝のゼロ年代ベストテンで邦画の最上位にありましたが、やっぱり凄いですか。“ものすごい破壊力”にぜひ打ちのめされたいと思います。
『オアシス』も『シークレット・サンシャイン』も評判が高いですが、同じ監督なんですね。
『シークレット・サンシャイン』の方は、観た友達がヒロインが凄いと言っていましたが、ソン・ガンホまで出てるんですね。ますます楽しみになりました。
micchii |  2009.12.29(火) 18:34 |  URL |  【コメント編集】

■極端な愛のものがたり

この映画を恋愛映画といっていいのか、わからない愛の映画を3本。
まず、『愛のむきだし』。最近、町山さんが推薦した映画ですが、かなり前に、あまりに感動したので、この欄に投稿したのですが、内容にふれたため、禁止語句を含んでいて、はじかれました。4時間におよぶ「愛」と「罪」を描く映画で、今回は内容にはふれませんが、ものすごい破壊力を持つ映画で面白いです。
次は、『オアシス』。知恵遅れの青年と、脳性マヒの障害を持つ女性の「ラブストーリー」。周囲からもうとまれ、愛を知らない二人が少しずつ愛を積み重ねていくところが感動的ですが、きれいごとに終わらないところがイイです。障害の演技がリアルでスゴいものがあります。
もうひとつは同じイ・チャンドン監督の『シークレット・サンシャイン』。子供が殺され宗教に走る女性をじっと見守るソン・ガンホがとてもイイ映画です。後半かなりダークな展開になるのですが、それを熱演するヒロインがスゴい映画でもあります。
よしぼう |  2009.12.29(火) 01:20 |  URL |  【コメント編集】

■>ゴーシュ様

“素敵な恋をしよう!”への投稿ありがとうございます!
恥ずかしながらタイトルすら初耳でしたが、記事拝見したら未公開なのがもったいないような素晴らしさみたいですね!
「ゆるりとした,流れを大切にするプロセス」、大切にしたいなと、ふと我に返りました。
投稿していただいた映画は、すでに観ているものを除いても200本くらいたまっていて、いつになるかはわかりませんが、全部観たいと思っていますので、この映画もぜひ観させていただきますね。
micchii |  2006.08.25(金) 17:43 |  URL |  【コメント編集】

■「月を追いかけて」

こんばんは.この作品のことを書いたばかりですが,日本未公開ゆえ,あまり知られていないため,こちらにエントリーさせていただきました!
S・ペンとN・ケイジのダチ振りを見ていると,思わず「男ならこれを観ろ!」にしようか迷いましたが,それはまた別のにすることにしました….この作品は,男女問わず見てもらえると嬉しいな.とにかく自分のケツは自分で拭く…それができる世代の清々しさと,E・マクガヴァン演じるヒロインへの素敵なアプローチシーンの数々,とにかく映画の魅力満載です.
ゴーシュ |  2006.08.24(木) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

■>未来様

初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「素敵な恋をしよう!」への投稿ありがとうございます!
『ニューヨークの恋人』、タイトルだけは聞いたことがありましたが、メグ・ライアンの恋愛映画は楽しく観れますからね。
時空をも超える恋してみたいものです(笑)
観るのが全然追いついてませんが、いつの日かお薦めしていただいた映画は全部制覇したいと思っていますので、他のカテゴリー共々、どしどし投稿していただけたら嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2006.07.27(木) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

■非現実な恋

はじめまして。素敵な恋をしように追加おねがいします。
『ニューヨークの恋人』はいいですよ~!
メグ・ライアンの着飾らない性格がこの映画にすごく合っててヒュー・ジャックマンがかっこいい!!
タイムスリップでファンタジーっぽいけど
全然違和感がなくて見てて楽しい!
恋のために19世紀のニューヨークに行ってしまうメグ・ライアン演じるケート。
まさに恋は時空をも超える!!!
恋愛映画とファンタジーが好きな人におすすめです。
未来 |  2006.07.27(木) 01:15 |  URL |  【コメント編集】

■>bibi様

遅いなんてとんでもありません。
締め切りはありませんので、いつでも、思いつくたびにどんどん投稿してくださいませ。
観るのが全然追いついていないんですが、いつの日かお薦めしていただいた映画は全部制覇したいと思っています。
『八月のクリスマス』はほんとにいいですよね。最近の泣かせよう泣かせようの「韓流」と違って、わざとらしさはこれっぽっちもないのに泣けるという、まさに名作だと思います。
『ターンレフト ターンライト』は、「衝撃のラスト!」にカテゴリーを移そうかと検討中です(笑)
この中では唯一観ていない『マンハッタン ラプソディ』、有名なんですけどね・・・。
いつか楽しみに観させていただきますね♪
micchii |  2006.01.23(月) 14:07 |  URL |  【コメント編集】

■大変遅いコメントで申し訳ありませんが・・・・・

私は「マンハッタン ラプソディ」が好きです。「八月のクリスマス」も劇場で泣いてしまった口で、「ターンレフト ターンライト」も大好きですが、なんと言ってもバーブラ・ストライサンドの「マンハッタン ラプソディ」です!!
最終的にあんな結婚にたどりつけたら最高です。脇のピアース・ブロスナンが花◎(それまでは嫌いでしたがこの映画で好きになりました。)
恋をしてpucciniを聞こう!!!
bibi |  2006.01.23(月) 10:16 |  URL |  【コメント編集】

>にじばぶ様
「素敵な恋をしよう!」への追加ありがとうございます!
この前『恋する惑星』の記事にコメント頂いた時に、重慶マンションに行かれたとありましたので、この映画への思い入れはほんとに凄そうですね。
自分も軽く10回以上観ているほんとにたまらなく好きな映画です。
「あり得ないくらいの偶然」、でもそれがウォン・カーウァイの魅力でもありますよね。
クランベリーズのCDも持っていますが、フェイ・ウォンバージョンも良かったですよね。
micchii |  2005.08.01(月) 12:08 |  URL |  【コメント編集】

■追加、お願いします<m(__)m>

こんにちは!
「素敵な恋をしよう!」に追加、お願いします!
『恋する惑星』です。
この監督の、「時間」に対する独特でいて、しかも強いこだわり。
そして、あり得ないくらいの「偶然」。(笑)
だけど、不思議と引き込まれてしまう作品でした。
クランベリーズの名曲をカバーした、フェイ・ウォンの歌も良かったです♪
にじばぶ |  2005.07.29(金) 13:37 |  URL |  【コメント編集】

>タムオ様
お久しぶりです。そして、「素敵な恋をしよう!」へ2本も投稿ありがとうございます!

べたというより、超有名な2本ですが、恥ずかしながら両方観ていません・・・。
『恋愛小説家』 、「恋をしたら、どんなに恥ずかしくても、勇気を出さなきゃいけない場面がある」、そうですよね、一歩踏み出さないことには何も始まりませんからね。

『ビッグ・フィッシュ』、劇場に観に行こうと思っていたんですが、いつの間にか終わってしまって、レンタルでもまだ観れてません。
。ティム・バートンは大好きなのでこれも楽しみにしています。
micchii |  2005.07.16(土) 17:45 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

はじめて企画に参加させてもらいます。
「素敵な恋をしよう」に初投稿、で、考えてたら、遅くなってしましました。

素敵な恋・・・べたですが、
『恋愛小説家』 の、恋をしたら、どんなに恥ずかしくても、勇気を出さなきゃいけない場面があるんだなぁ、と微笑みながら観れる映画かな、と。
あとは、『ビッグ・フィッシュ』。
一人の人生を構成する要素のひとつとして、恋愛がちょっと描かれているのだけれど、スタンダードな恋愛というか人生の形があって、ムードやインパクト・インフラにおちいっている感覚を戻してくれる映画で、好きです。
タムオ |  2005.07.14(木) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

>東雲様
コメントありがとうございます。
TSUTAYAですが、これを機に店内を本格的に散策してみました。
でも、アンディのコーナーはなかったです・・・。
ジャッキー・チェンは異常に充実してましたが(笑)
アジア映画は全般的に凄く少なかったです・・・。
地区最大級のTSUTAYAらしいんですけどね(笑)
また、別のところに出かけないと・・・。

>JB's様
コメントありがとうございます。
『花様年華』、魔法瓶での麺のテイクアウト、さすが目をつけるところが違いますね!
二人で食べるところ凄くよかったですよね。

『2046』、お菓子の缶に10ドルを貯めていくチャン・ツィイー、切なかったです・・・。
“ポマードべったりのちょびヒゲオヤジ姿がエロカッコいい!”、ぴったりの褒め言葉ですね!

>ぐり様
初めまして、「素敵な恋をしよう!」への投稿ありがとうございます。
『恋の風景』、恥ずかしながら全然知りませんでしたが、記事2つ拝見しました。
「いわゆるドラマらしいドラマ展開が乏しく」、というくだりが目にとまりました。
それでいて素晴らしい、そういう映画は登場人物のちょっとした仕草や、景色の映像や、映画の中に流れる空気自体に惹かれることが多いですよね。
しかも、どうしても行きたくなって行ってしまうなんて、風景の美しさはほんとに凄いんでしょうね。
本数が凄くて時間はかかりそうですが、皆さんに投稿していただいた映画は全部観ようと思っていますので、この映画もいつか観させていただきますね。
micchii |  2005.07.13(水) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

■恋の風景

初めまして。

最近観た恋愛映画ではコレがいちばんでした。てゆーか恋愛映画ってあんまし観ないかも(汗)。
中国を舞台にした香港映画で、ヒロインは亡くなった恋人の故郷を訪ねて中国の青島と云う港町にやってくる。恋人は画家で、死の直前に心の中の風景をスケッチに遺していた。彼女はその風景を恋人が幼少期を過ごした青島でみつけようとする。そんな彼女と知りあった地元の郵便配達の青年が風景探しを手伝ってくれることになる。絵本作家を目指す青年は彼女に惹かれていき、彼女もまた青年の優しさに癒されるようになるのだが・・・、と云う物語。

日本の岩井俊二や北川悦吏子のドラマに似たソフトで繊細でスイートな作風ではあるのですが、都会の人間が見知らぬ土地でゆっくりゆっくり自分を取り戻していく過程と、哀しい恋の終わり、新しい恋が始まるときめきが重ねあわされて、えもいわれずほんわかとあたたかいキモチにしてくれる映画でした。特に舞台となる青島の絵のように美しい町の風景はそれだけでもひとりの出演者と云っていいほど能弁です。
私はこの映画を観てどうしても青島に行きたくなり、先月ついに行って来たんですが、映画の通り素敵なところでしたよ。
ぐり |  2005.07.11(月) 19:42 |  URL |  【コメント編集】

■2046

気取った恋愛映画はケッと前に書きましたが『花様年華』は好きなんですよ。

なぜかというと不倫部屋で麺を食べるシーンがあるから。目も眩むチャイナドレスに身を包んだマギー・チャンが地下の汚い屋台で麺をテイクアウトし、冷めないように魔法瓶に入れてもらい、二人でズルズルすする。不倫だなぁ

その不倫部屋のナンバーが『2046』。
トニー・レオンしかできないよ。この役は。

コトが終わるとかならず10ドルを差し出すトニー。それをお菓子缶に貯めていくチャン・ツィイー。トニーは永遠にチャンには心を開かない。

ポマードべったりのちょびヒゲオヤジ姿がエロカッコいい!
JB's |  2005.07.11(月) 01:06 |  URL |  【コメント編集】

■アンディ・ラウの逃避行

で、探せばあると思いますよ。93年に日本公開なので、案外古いレンタルビデオ屋にあったりします。アンディものってまとめてツタヤにあったりしませんか?うちの所はあるんですよ(笑)

トニ&マギ、達成したら香港で(*^_^*)
東雲 |  2005.07.09(土) 20:32 |  URL |  【コメント編集】

>あおい様
コメントありがとうございます。
そして、「素敵な恋をしよう!」に“ほんといい響き”と言っていただいてありがとうございます!
「八月のクリスマス」への一票確かに受け取りました。
micchii |  2005.07.08(金) 12:55 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました。

「八月のクリスマス」にTBありがとうございました。
素敵な企画ですね。
素敵な恋をしようですか、ほんといい響き。
TBいただいた「八月のクリスマス」に一票ということで。
こちらからもTBさせていただきます。
あおい |  2005.07.07(木) 22:28 |  URL |  【コメント編集】

>東雲様
またまた投稿ありがとうございます。
『逃避行』、相変わらずタイトルすら知りません(恥)
でも、そういうタイトルはどこで観るんですか?
自分が行くTSUTAYAもそう小さくはないんですが、どう探してもありそうにありません(笑)
「花様年華」のトニーとマギー、お互いに達成できたら香港で会いましょう(爆)

>JB's様
失礼なんてとんでもないです。UPしている映画でも全然構いませんよ。
『つきせぬ想い(新不了情)』、こちらはまだ観ていません。
すいません、 「いまさらこんな使い古された手で泣くもんか。。。泣かないぞ。。。(;_;)(T_T)(T-T)(T^T)ダァー」に爆笑させていただきました(笑)
でもそうなんですよね、絶対泣くもんか!と身構えている時に限ってやられるんですよね。
「生活あっての恋」、凄く説得力がありますね。
でもおっしゃるように、そういう部分がきちんと描かれているからこそ、すんなりと映画の中の世界に入っていけて、感情移入もできるんですものね。

>april様
コメントありがとうございます。
「切なくて思いやりがあって」、おっしゃるとおりですよね。何回観てもまた観たくなる大好きな作品です。
あと、「素敵な恋をしよう!」への投稿ありがとうございます!
『恋する惑星』、軽く10回以上は観ている死ぬほど好きな作品です。
DVDやサントラだけでなく、ママス&パパスのアルバムまで買ってしまいました(笑)
いっぱいありすぎるとのことですが、何本投稿して頂いても結構ですよ!
micchii |  2005.07.06(水) 12:58 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは。

こんにちは。八月のクリスマスへのTBありがとうございました。切なくて思いやりがあって大好きな作品です。
恋をしようの企画、いっぱいありすぎるので、とりあえず』『恋する惑星』に1票ということでTBさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。また来ます。
april |  2005.07.05(火) 16:20 |  URL |  【コメント編集】

■つきせぬ想い(新不了情)

すでに『ラブソング』はUPされていたのね。
失礼いたしました。

じゃ、これをピックアップ。
もうバカかアホかと。
東宝アイドル映画じゃあるまいし。
いまさらこんな使い古された手で泣くもんか。。。泣かないぞ。。。(;_;)(T_T)(T-T)(T^T)ダァー

中国語が飛び交う恋愛映画はいいなぁ。
またよく喰うんだよな。きちゃない屋台かなんかで。

気取った恋愛映画はケッ!だけど、
庶民の衣食住がキチンと描かれている中国映画は心に沁みる。

生活あっての恋だもんな。
JB's |  2005.07.05(火) 14:30 |  URL |  【コメント編集】

■私もまだ観てないの多いですが・・・

micchii様>
ホムペ観ましたか(笑)
一応この映画は元ネタというか、先に観ておいた方がいいのがあるのです。
これもジョニー・トーで「逃避行」なんですけど。初々しいアンディ兄さんです。
ジョニー・トーは気になる監督さんです。

「花様年華」、私もあのマギーを目指してます(爆)
東雲 |  2005.07.03(日) 23:16 |  URL |  【コメント編集】

>東雲様
「男ならこれを観ろ!」に続いて、「素敵な恋をしよう!」にも投稿ありがとうございます!
前回は大変な傑作をお薦めありがとうございました。
またまたジョニー・トーですか!
あの後少しネットで観てみたんですが、ああいう作品だけでなく、ラブストーリーも撮っているみたいですねこの監督。全然知らなかったんですが・・・。
それで、レンタルに行った際にジョニー・トー作品探してみたんですが、確か2本しかなかったはず(泣)
この作品もなかった気がします・・・。
また違う店に探しに行かないと=3
リンク貼っていただいたサイトのキャストのところのラム・シューの写真面白すぎです!(笑)
「花様年華」、これはほんとにもうため息ものですよね・・・。
あのトニー・レオンを目指しています(爆)

>JB's様
いつも投稿ありがとうございます!
『ラヴソング』!、感想もUPしていますが、たまらなく好きな映画です。
おっしゃるように、世界一素敵なミッキーマウスですよね。
『インファナル・アフェア』シリーズを観るまでは、自分の中ではエリック・ツァンといえばミッキーマウスでした。
クリストファー・ドイルに英会話学校で教えてもらいたいですよね、ろくな単語を覚えなさそうですが(笑)
micchii |  2005.07.01(金) 18:21 |  URL |  【コメント編集】

■ラブ・ソング(甜密密)

『無限道』つながりでエリック・ツァン。
世界一ステキなミッキー・マウスを見せてくれる。
クリストファー・ドイルも役者で出てるし。

といってもオヤヂ映画じゃないよ。
主役はマギー・チャンとレオン・ライ。
テレサ・テンが大陸でどれほど愛されていたのか、
この映画ではじめて実感できた。

ン・マンタと並ぶおっつぁん役者エリック・ツァン、マンセー!
JB's |  2005.06.26(日) 07:05 |  URL |  【コメント編集】

■ジョニー・トーに惚れたならぜひに

こんばんは。前回のときは、名前まで出していただいてありがとうございました。
この作品は御存知でしょうか↓
http://www.groove.jp/movies/needingyou/
サイト残っていたので貼りました。
「Needing You」です。
監督はジョニー・トー!主役は無間道のカップル2人(アンディ・ラウ&サミー・チェン)なんです。ラブコメで元気・勇気が出る映画でございます。素敵な恋?といわれると、ちょっと外れちゃう感もなきにしもあらずですが、私は素敵だと思っています。アンディ兄さんも(笑)
大好きなレスリーものだと、ありすぎて選べません(泣)
あ、「花様年華」!これはため息でますね。
まさに大人の素敵な恋☆
東雲 |  2005.06.26(日) 00:26 |  URL |  【コメント編集】

>にじばぶ様
「男ならこれを観ろ!」に続いて「素敵な恋をしよう!」への投稿ありがとうございます!

記事二つ拝見しました。
「ベストワン」「極上の一品」、その言葉だけでどれほどこの映画を愛されているかが伝わってきます。

恥ずかしながらこの映画まったく知りませんでしたが、浅野忠信ですか!
ジャームッシュの『ミステリー・トレイン』にも出ていた浅野忠信、こんなところにも登場するんですね!

しかも、カメラマンが一番好きなクリストファー・ドイル!

さらにさらに、自分もタイには行ったことがあります!!

もうこれは絶対気に入る要素が揃いに揃ってますね(笑)
観るのが楽しみです♪
micchii |  2005.06.25(土) 18:08 |  URL |  【コメント編集】

■「素敵な恋をしよう!」

「素敵な恋をしよう!」ですが、私は『地球で最後のふたり』を推します。

これは同時に、私にとっての「ベスト1」映画でもあります。

私のブログ内でも、この作品については詳述しておりますので、もしよろかったら、お時間がある時にでも、ご覧になって下さいませ^^
にじばぶ |  2005.06.24(金) 18:21 |  URL |  【コメント編集】

>りざふぃ様
投稿ありがとうございます!
他の方も難しいとおっしゃっていましたが、恋愛の絡まない映画はほとんどないですし、あまりにも範囲が広過ぎて、大変ですよね。。。

三角関係というと「突然炎のごとく」を真っ先に思い浮かべてしまいます(笑)
「気狂いピエロ」の“見つかった! 何が? 永遠。海と溶けあう太陽”はかっこよすぎです!
ヴィスコンティにはまってらっしゃるみたいですね!自分は「夏の嵐」はまだ観ていないんですが、「ベニスに死す」「地獄に堕ちた勇者ども」「家族の肖像」、どれも打ちのめされました。

「地獄に堕ちた勇者ども」は、“デカダンス”“退廃的”、この映画以外ではなかなか使わない言葉ですよね。
「家族の肖像」でもそうでしたが、ヘルムート・バーガーはほんとに凄い!!
micchii |  2005.06.15(水) 13:50 |  URL |  【コメント編集】

■う~ん。意外と難しいですね^^;

今晩は~
この企画が載ってから、すぐお伺いしようと
思っていましたが、恋愛映画って…結構
選ぶのが難しいですね^^;

とりあえず(明日になればまた変わるかも
しれないけど(笑))
「突然炎のごとく」「気狂いピエロ」
「ティファニーで朝食を」「月の輝く夜に」。
後は、観たばかりの「夏の嵐」。
↑夏の嵐はまだ観たばかりなんで、印象
が強いのかもしれません。素敵な~って
いうのとはちょっと違うかもしれないですね(汗)

必ずしもハッピーエンディングのばかりでは
ないんですが・・・お気に入りの映画って
ことで選ばせて頂きました。
う~ん、しかし悩む~
りざふぃ |  2005.06.13(月) 19:17 |  URL |  【コメント編集】

>JB's様
いつも投稿ありがとうございます!
「男ならこれを観ろ!」の時は、たくさん投稿していただいたのをほとんど観ていなかったんですが、今回は観ていました。
レスリー・チャンの印象は強烈に残っているんですが、現実世界でそんな話が展開していたなんて、全然知りませんでした・・・。
その話を知ったうえで観ると、もっともっと深まるでしょうねきっと。
また観たくなりました。

>ken様
またまた投稿ありがとうございます!
『白いドレスの女』は観ていないんですが、『男と女』は感想UPしようと思っていたところでした!
3人ほど救急車で運ばれていったというのは本当ですか?(笑)

>キョヌ&バムセ様
お久しぶりです。そして、「素敵な恋をしよう!」への投稿ありがとうございます。
『ローマの休日』、いつまでも色褪せない1本ですよね。
自分もローマには行ったんですが、自由時間にツアーの他のお客さんたちはガイドさんと一緒にスペイン広場や真実の口に向かう中、一人無謀にもサッカーを観に行ったので、スペイン広場には行ってないんですよ。。。
もしよろしかったら、ローマでのダフ屋との奮闘などは、トップページ右の「サッカー日記」→「1.イタリア観戦記」に書いてありますので、読んでいただけたらと思います。
なるほど、ブログタイトルはこの映画からでしたか^^

>おかぽん様
そうですよね、どんな映画でも恋愛が絡まない映画はほとんどないですから、考えだしたらきりがないですよね。
7本も投稿ありがとうございます!!
この前の「男ならこれを観ろ!」でも、皆様に投稿していただいた映画をことごとく観ていなくて凹んでいたんですが、7本中3本観ていたのは結構な確率と勝手に喜んでいます。
「髪結いの亭主」と「カイロの紫のバラ」は感想もUPしていますが、たまらなく好きな映画です。
micchii |  2005.06.13(月) 17:47 |  URL |  【コメント編集】

■難しいすね。

素敵な恋、つーのは、なかなかハッピーエンドな話しが思い浮かばないが・・・

がとりあえず。

「シャンドライの恋」
「髪結いの亭主」
「パリ・テキサス」
「橋の下のぬるい水」
「ナヴイの恋」
「フィッシャーキング」
「カイロの紫のバラ」

などなど。

というか実は広い意味での、恋の映画は、
くさるほどあるなぁ。

うーん、男なら、よりむずい選択です。


おかぽん |  2005.06.12(日) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

■ローマの休日

こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
どの映画がいいかな~と悩んでいるうちに投稿するのが遅くなってしまいました。

ベタですが、「ローマの休日」を上げておきます~。
オードリー・ヘップバーンが、美しく、そして、チャーミングでした。
この映画に憧れ、映画の舞台ローマに行った思い出があるので…。
うちのブログは、この映画のタイトルをヒントにしています。

では、また遊びに伺います。
キョヌ&バムセ |  2005.06.11(土) 20:36 |  URL |  【コメント編集】

■う~む・・・

素敵な恋愛映画を挙げてと言われて、すぐには思い浮かばないものですね。
と言うわけで、犯罪映画ですけど、「白いドレスの女」。犯罪の影に女あり!のキャスリン・ターナー。ラブ・シーンは色っぽかったです。
正統的な恋愛モノとしては、ちとこっぱずかしいんですけど「男と女」など。こちらはTBにて、よろしくです。
ken |  2005.06.11(土) 15:13 |  URL |  【コメント編集】

■覇王別姫

この役を地で行って、ホテルから"さらば・わが愛"をしてしまったレスリー・チャン。

一世一代の名演技に応えてくれなかったと、現実でも覇王役のチャン・フォンイーを許さなかった。(※この映画の後、レスリーはチャンとの一切の共演を断った。)

でも、あの鈍感さが覇王=少年:小樓の本質なんだけどね。鈍感さと裏腹なヤンチャなガキ大将っぷりを、別姫=蝶衣は愛して愛して尽くしきったけど、最後は許せなかった。
ゲイだなぁ
JB's |  2005.06.10(金) 11:25 |  URL |  【コメント編集】

>samurai-kyousuke様
このまま1件も投稿がなかったらどうしようと不安になっていた中、第2弾への最初の投稿ありがとうございます!!
ルドガー・ハウアー、『ブレードランナー』は強烈に印象に残っていますが、この映画は観ていませんでした・・・。
ただ、記事拝見しましたが、“「ハリポタ」「リング三部作」などのファンタジーが好きな人にはお勧め”とありましたので、両方とも好きなので、観るのが楽しみです♪

>ロハン様
「素敵な恋をしよう!」への投稿ありがとうございます!
この映画、恥ずかしながらタイトルすら知りませんでした・・・。
ただ、「爽やかで、軽やかなのが青春じゃない。どこかいつもモヤモヤしていて何かが鬱積してる青春だってある」というのには大きく頷きました。
皆様にお薦めして頂いている映画は、時間はかかっても全部観たいと思っていますので、いつかぜひ観てみますね。

>VENUS様
いつもコメントありがとうございます!
『勝手にしやがれ』、感想に「全然エロくない」と書かれていましたが、ほんとにそうですよね。
なかなか真似するのは難しそうです(爆)
『グリーンカード』、感想を拝見して気になっていた1本でしたが、まだ観れてません・・・。
ミシェル・ファイファー、数年前にハリソン・フォードと出てたサスペンスを途中で投げ出した記憶しかありません。。。
こうやって皆さんにお薦め映画を紹介していただくと、ことごとく観ていないのが嫌になります(恥)
micchii |  2005.06.09(木) 18:07 |  URL |  【コメント編集】

■ばんはー

次は恋愛もんですか。
「勝手にしやがれ」のベッドでのじゃれ合いシーンほど真似したいのはないわ(笑)
「グリーンカード」の屋上ポラロイド世界旅行シーンも真似したことあるし。
恋愛映画で好きなものはだいたい真似しますよね。
あれ、しませんか?(汗)
取りあえずこの2本で。
下の方の挙げておられるレディ・ホーク。
懐かしい・・・・・・ルトガー・ハウアーに嵌った頃何度もビデオを観ましたよ。
ミシェル・ファイファーってあの頃の少年ぽいショートカットの方がいいですよね。
VENUS |  2005.06.07(火) 03:53 |  URL |  【コメント編集】

■少し変わった恋愛&青春はいかが?

ってことで、スウェーデン発の『ショー・ミー・ラブ』をオススメします。
TBもかけておくので参考にしてください。
ロハン |  2005.06.06(月) 13:13 |  URL |  【コメント編集】

恋愛映画ではないのですが、呪いをかけられた恋人の悲恋という事でルドガー・ハウアー、ミッシェル・ファイファーの「レディーホーク」をトラックバックいたします。
ラストの二人の抱擁には涙いたしました。
samurai-kyousuke |  2005.06.05(日) 13:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/172-1bc080c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ブログをさがそう

お気に入りの映画ブログみつけてくださいこのブログは、映画のことを書いているブログから記事をRSSで収集して作成しています。ブログの更新をチェックしてお気に入りみつけてね映画のブログを作っている方、このブログにあなたのブログを追加しませんか?リストに追加希望の
2005/07/14(木) 12:52:47 | ブログ更新ステーション(映画)

what's new

※こちらのブログは基本的にはリンクフリーですが、トップページにリンクを張られる場合はメールBOXからでもひとことご連絡をお願いします。それと海外ニュースの訳はほぼあてずっぽうですのでくれぐれも引用したりされませんよーに。なるべく元記事にリンクを張りますので真
2005/07/11(月) 19:28:58 | ぐり日記

マイベストワン映画。

地球で最後のふたり(2003) LAST LIFE IN THE UNIVERSE上映時間:107 分 製作国:タイ/日本/オランダ/フランス/シンガポール監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン Pen-Ek Ratanaruang脚本:ペンエーグ・ラッタナルアーン Pen-Ek Ratanaruangプラープタ
2005/06/24(金) 18:23:08 | にじばぶ日記

地球で最後のふたり

去年一年間に観た映画の中で、一番気に入った映画が『地球で最後のふたり(邦題)』だ。原題は“LAST LIFE IN THE UNIVERSE”。タイ、日本、オランダ、フランス4か国が共同制作した、タイを舞台にした多国籍映画である。主演は、浅野忠信。この映画を観て以来、監督のペンエ
2005/06/24(金) 18:22:28 | にじばぶ日記

男と女

もう嫌味なくらい気障です。 でも、シビレます。メロメロになります。 その喜びも苦しさもひっくるめて、ワタシも恋をしたい!と思うこと、請け合いです。 ダダダ・・・ダバダバダ♪です。フランシス・レイのボサノバ調スキャットを耳にしたことのない人はいないでしょう。そ
2005/06/11(土) 15:14:30 | 鏡の誘惑

ショー・ミー・ラヴ

ショー・ミー・ラヴスウェーデンと言えばどうしても紹介しておきたい映画がもうひとつ。当時世界を席巻していた『タイタニック』がスウェーデンでも当たり前のように一位にいたのを引きずり落としたのがこの映画。ってことは結構大作なんじゃないかと思われそうですが、
2005/06/06(月) 13:15:16 | ロハンのススメ。

レディーホーク

ルドガー・ハウアーつながりという事で「レディーホーク」について少し。舞台は13世紀のヨーロッパです。横恋慕した司祭によって呪術をかけられた恋人同士にハウアーとミッシェル・ファイファーが扮しています。ハウアー演じるナバールは昼間は人間ですが、夜になると狼にな
2005/06/05(日) 13:52:37 | samuraiの気になる映画

▲PageTop

 | BLOGTOP |