2011.09.11

『映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100』に『ザ・ミッション/非情の掟』が登場!

数日遅れになりましたが、ようやく『映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100』ゲットしました。

発売前から執筆者の方々がTwitterの方で担当された作品を挙げてらして、これは買うしかない!と決めたのは『ザ・ミッション/非情の掟』が入っているとわかったから。
以前紹介しました「ゼロ年代ベストテン」でも錚々たる顔ぶれを抑えて堂々14位にランクインしていましたが、映画秘宝のこの映画への評価はいつも高いですね。
→『ザ・ミッション/非情の掟』、映画秘宝のゼロ年代BESTで14位にランクイン!

わざわざ別冊で「カルト・ムービー」とするくらいなので、どんなマニアックな作品が並んでるのかと思ったら、意外にもオーソドックスな顔ぶれ。
でも、ほとんど誰も観てないけど一部の人が絶賛!みたいなのよりも、こうやって単純に「むちゃくちゃ面白い」映画が並んでいる方が嬉しい。

100本中、当ブログでもUPしているのは7本。
年代順に、『狩人の夜』『殺しが静かにやって来る』『ミッドナイトクロス』『コックと泥棒、その妻と愛人』『恋する惑星』『ザ・ミッション/非情の掟』『グラインドハウス』(UPしているのは『デス・プルーフ』だけですが)。

香港映画では他に『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』『八仙飯店之人肉饅頭』というアンソニー・ウォン作品が堂々のランクイン。

他にも、個人的には結構好みが被っていて、何よりも嬉しいのが『ハイ・フィデリティ』。
他にも『続・荒野の用心棒』『冒険者たち』『白い肌の異常な夜』『黒いジャガー』『ウィッカーマン』『レポマン』『レクイエム・フォー・ドリーム』『ほえる犬は噛まない』『ゴーストワールド』などなど、大好きな映画が並んでいました。

それぞれの解説ページには“こちらもオススメ”という欄がありますが、『ザ・ミッション/非情の掟』のその欄で『スリ』にちゃんと触れられているのが嬉しいですね。
肝心の『ザ・ミッション/非情の掟』の解説では、“静の銃撃戦”の素晴らしさはもちろんのこと、ロイ・チョンと佐膝佳次さんの例の“男ならこれを観ろ!”な痺れまくりのやりとりにもちゃんと触れているのが素晴らしい!

→ジョニー・トーINDEX



 

TB(0) CM(6) EDIT

*Comment

■>東方全敗さん

初めまして、コメントありがとうございます。

あのくだりは前にも話に出ましたが、おっしゃるように、匂いを嗅いでいるように見えますよね。
よく見ると、窓の外の空模様を見ているようにも見えるんですが、それだとあまり意味がないですし、やはり匂いを嗅いでいるととった方が面白いですね。
DVDの字幕では「シャワーを」としか出ませんが、「洗ってこい」のニュアンスは読み取れますよね。

ラストにグヮイがフェイに投げた弾にも、台詞にしたら「やっぱり細工すると思ったぜ。全てお見通しだよ。お前たちの気持ちはもちろんわかってるさ。俺が本気でシンを殺すと思ったのか?仲間を殺すわけないじゃないか」くらいの思いが託されていると思いますが、台詞ではなく映像で語るトーさんらしいですね。
micchii |  2011.12.12(月) 23:00 |  URL |  【コメント編集】

■伏線

初めまして。ザ・ミッションで、ある伏線に気づいたので書きます。シンが「車が故障して遅れた」と言って、上着をテーブルの上に投げ捨てますよね。その時ロイが上着に顔を近づける。あれは上着に移り香したボスの
愛人の香水を嗅いでいたと思われます。あの時点で、ロイはシンの不義理に気づいていた。
その後、「洗ってこい」とシンに上着を投げる。証拠を消すために(笑)。つまりは確信犯だと。

もしこの推測が当たっているなら、実にトーらしい演出だなと思いますね。
これは既出でしょうか?それとも俺だけが気づいたのかな?
どっちなんだろ。良ければ教えてください。
東方全敗 |  2011.12.12(月) 18:24 |  URL |  【コメント編集】

■>西尾幹事さん

ポチってしまいましたか。
まだ少ししか読んでませんが、値段分は楽しめそうです。

カーペンター、アレックス・コックス、コルブッチ、確かに「メジャー」ではありませんが、「カルト」というのもなんだかなぁと個人的には思います。
結構誰が観ても楽しめる映画だと思うんですけどね。

『ミッドナイト・クロス』はかなり好きで、以前「“男ならこれで泣け!”ベスト10 」にも選びました。

『コフィー』未見なんですよ!
DVD廃盤になってて、いつも利用しているぽすれんにはないので、DISCAS見てみましたら、在庫1枚なのに1位登録者9人、こりゃ絶対借りれませんね(笑)
廉価盤出ないかなぁ・・・。
micchii |  2011.09.15(木) 20:55 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは。

micchiiさんのツイートを読んで、amazonでポチってしまいました。

記事で挙げられている作品はどれも面白いですよね。カーペンターやアレックス・コックスやコルブッチの作品はカルトの枠に入れられることが多いですが、どれも面白くて好きです。全部観ているわけではないですが、『ミッドナイト・クロス』は今のところデ・パルマのベスト作品です。『黒いジャガー』も良いけど、『コフィー』のパム・グリアーは凄かったなぁー。
西尾幹事 |  2011.09.15(木) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

■>la-pandaさん

買われましたか!
自分もこれくらいがちょうどいいです(笑)「名前は知ってても観てない」のが結構ありますし・・・。
確かに、50音順と違って年代順だとまた見えてくるものがありますね。
『ハイ・フィデリティ』お好きですか!嬉しいです。
これ前から感想書かなきゃなぁと思ってるんですが、男にとっては「痛い映画」でもあるので、なかなか難しいです(笑)
micchii |  2011.09.12(月) 21:35 |  URL |  【コメント編集】

■買いですね!

私も買いましたよ~私にはこれくらいのカルト加減がちょうどいいかな(笑)
なんか年代順ってのが、自分の映画に対する趣味の変貌とかがわかって、面白かったです。この本に載ってるのは皆公開当時自分への影響大だったなあと。
解説もツボだし、オススメにならんでるのもニンマリでしたね。
同じく『ハイ・フィデリティ』『ゴーストワールド』はうれしい!
la-panda |  2011.09.11(日) 21:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1677-b224a977

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |