2011.06.20

『孫文の義士団』(テディ・チャン)

孫文の義士団

「一人の女に命を懸けるだけの価値があるのか?」
「明日はどうなんだ?その価値があるのか?」

一言で言えば、孫文の1時間の滞在時間を守るため名もなき人々がそれぞれの想いを胸に散っていくという、もう展開だけで一番泣けて燃える話。

今までUPしてきた作品と違って、ドニーさんは別に主役ではなく、あくまでも群像劇の中の一人にすぎません。

その群像劇を彩るのが、超豪華な顔ぶれ。
冒頭ジャッキー・チュンがちらっと顔を見せたかと思ったら、贅沢にもヤムヤムを使い捨て、レオン・カーフェイ、エリック・ツァン、フー・ジュンにばっちりと脇を固めさせ、さらにレオン・ライにニコラス・ツェーときて、ファン・ビンビンが花を添えたかと思えば、結局メインはワン・シュエチーという、なんなんですかこのありえないほど豪華な顔ぶれは!

役柄的なものもありますが、さすがにこれだけのメンバーの中に入ると、ドニーさんといえども目立ちません。

ドニーさんのアクションに痺れるよりも、ワン・シュエチーとエリック・ツァンの会話に痺れ、レオン・カーフェイとフー・ジュンの会話に圧倒され、ワン・シュエチーとレオン・ライの会話に胸を痛め、ワン・シュエチーが中華鍋を振る姿に泣けるという、凄まじい映画。

138分の大作ですが、孫文が到着して怒涛のアクションが始まるのが80分を過ぎてから。
その後の順に仲間が散っていく展開ももちろん燃えて泣けますが、それまでの前半80分の方がずっと素晴らしい。

劇場が襲撃されるシーンは1箇所あるものの、他は派手なアクションシーンなんか全然ないのに、ドラマだけで80分、これでもかと魅せられます。
『ダウンタウン・シャドー』の監督でもあるテディ・チャン、いつの間にこんなに凄い監督に!?

トーさんの映画でも毎回食事の場面は名場面ばかりですが、この映画の食事の場面も屈指の名場面。

自ら腕を振るい、みんなが楽しそうに食べているのを、じっと見つめるワン・シュエチー。後半の死闘よりもよっぽど泣けます。
こういうなんでもないシーンをちゃんと描けるテディ・チャン監督、素晴らしい!

孫文の義士団 テディ・チャン

食事のシーンといえば、ワン・シュエチー一家の食事のシーンの描写も毎回素晴らしいですが、ちゃんと心を描いているからこそ、親子のただのこんなシーンにすらぐっとくるものがあります。

孫文の義士団 ワン・シュエチー

後半の死闘も、主要メンバーは、別に孫文や革命のために命を賭けてるわけじゃないんですよね。

それぞれ、そんなものよりももっとずっと大切なもののために命を賭けていて、だからこそ余計に泣けるわけですが、その大切なものを、じっくり時間をかけて描いているのが前半の80分。

ここで冒頭の会話に戻りますが、明日命を預けるその仕事は、その大切なものに見合うだけの価値があるのかと。
でも、聞きはしたものの、価値があるかどうかすら問題ではないんですよね。

その証拠に、守る相手の名前すら聞かず、「一番の難所」を自ら引き受けたレオン・ライ。
これで明日やっと自分は自由になれる、その機会を与えてくれてありがとう。そこには、孫文や革命なんか入り込む余地すらありません。

孫文の義士団 レオン・ライ ワン・シュエチー

もう一人孫文も革命もどうでもいいのが、ニコラス演じる車夫のアスー。
ご主人様が喜ぶ顔が見たい、坊ちゃまの喜ぶ顔が見たい、ただそれだけ。
思いきってご主人様に仲人を頼んで許してもらった時の、あの嬉しそうな顔!

孫文の義士団 ニコラス・ツェー

このアスーが恋をする、写真館の娘チュンを演じるチョウ・ユンがむちゃくちゃ可愛い。
『導火線』に続いて相変わらずファン・ビンビンは凄く綺麗ですが、今作は彼女がヒロインでしょう。

孫文の義士団 チョウ・ユン

女性陣では、ヤムヤムの娘を演じたクリス・リーも大活躍。
映画初出演の歌手みたいですが(主題歌も担当)、アクションも動けてますし、結構出番も多く、最後にはちゃんと見せ場も。

そして、後半の怒涛のアクションシーンなんですが、一人、また一人と暗殺者の手にかかり、それでもなんとかつないできたバトン。
しかし、徐々に守りも手薄になり、迫る暗殺者の集団。いよいよ万事休すか…。

とそこへ、待ってました!
そうです、「一番の難所」を自ら引き受けたレオン・ライ、満を持しての登場!

孫文の義士団 レオン・ライ

先ほどのむさくるしい顔とは違って、しっかり髭も剃り、いつものかっこいいレオン・ライです。
しかも、武器が鉄扇というところがたまりません。
アクションの最大の見せ場はここ。今回に限って言えば、ドニーさんよりもずっとかっこいい。

危ない危ない、この勢いだと何から何まで書いてしまいそうですね。まだ公開中ですので、これくらいにしておきます。
こんな文章を読む時間があったら、未見の方は今すぐにでもぜひ。

クレジットは最初ですが、今回はドニーさんはあくまでも脇役。
ワン・シュエチーがメインの傑作群像劇。

大傑作。



[原題]十月圍城
2009/中国・香港/138分
[監督]テディ・チャン
[製作]ピーター・チャン
[アクション監督]トン・ワイ
[スタントコーディネーター]谷垣健治
[音楽]チャン・クォンウィン/ピーター・カム
[出演]ドニー・イェン/レオン・ライ/ニコラス・ツェー/ファン・ビンビン/ワン・シュエチー/レオン・カーファイ/フー・ジュン/エリック・ツァン/サイモン・ヤム/ジャッキー・チュン/クリス・リー/チョウ・ユン/カン・リー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『孫文の義士団』のポスター集

 

TB(8) CM(10) EDIT

*Comment

■>kengoさん

いつもコメントありがとうございます。返事が遅くなり大変申し訳ありません。

上目遣い!!!さすが目の付け所が違いますね!
レオン・ライのワインをかけられた時のあの上目遣いのかっこよさはちょっと尋常じゃなかったですね。
チャウの階段での執念の上目遣いもたまりませんよねぇ…。
micchii |  2019.04.30(火) 19:17 |  URL |  【コメント編集】

ジャックも若様も最後は倒れる体に逆らって、上目遣いに涙が止まらない。
レオンライは、チャウにワインをかけられた時も思いましたが、上目遣いが良い。チャウの階段での上目遣いが自分はベストですが。
kengo |  2019.02.22(金) 21:33 |  URL |  【コメント編集】

■>sigunaruさん

またまたコメントありがとうございます!
そうなんですよね、最後のシーンを筆頭に、ドニーさんももちろんよかったんですが、そんなドニーさんが霞んじゃうくらいのこの超豪華メンバー!
しかも、それぞれにちゃんと見せ場が用意されているのが素晴らしい。
中でも、ニコラス演じるアスーの一途さはほんとに号泣ものでしたね。
昨年はドニーさんの映画がたくさん公開されましたが、これが一番好きです。
micchii |  2012.04.30(月) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

■また過去記事へのコメントですが

ズシーンとこたえました 見て一週間経つのですがまだ余韻が消えません
ドニー・チェンが主役かと思いきや、何と豪華なメンバー
みんなかっこ良すぎて参りました
特にドニー・チェンの最後のシーンとアスーの一途さに
我を忘れて涙しました
ジャッキー・チュンはエンディングクレジットで気がついた次第です(汗
sigunaru |  2012.04.30(月) 12:27 |  URL |  【コメント編集】

■>ふーちゃんさん

初めまして、TB&コメントありがとうございます。
感想に書かれていましたが、セットがほんとに素晴らしかったですよね。映画全体からくる重量感みたいなものは、あのセットによるところが大きいと思います。

そして、ジョニー・トーとサム・ペキンパーが好きな香港映画ファンって、自分のことかと思いましたよ(笑)
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2011.07.20(水) 23:42 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

ジョニー・トー監督とサム・ペキンパー監督が好きな香港映画ファンです。
偶然ここを知りまして、これからよろしくお願い致します。
ふーちゃん |  2011.07.20(水) 17:43 |  URL |  【コメント編集】

■>ふじき78さん

TB&コメントありがとうございます。
ファン・ビンビンの娘もむちゃくちゃ可愛かったですね。最初彼女も写真載せようと思いましたが、彼女まで載せるときりがなくなるので思いとどまりました。
エントリー、一人一人に細かく触れられていて、楽しく拝見しました。
おっしゃるようにニコラス・ツェーはいい役者になりましたね。
micchii |  2011.07.03(日) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

チョウ・ユンが可愛いに一票。
ファン・ビンビンの娘も可愛かったですけどね。
平和と争いとどっちちゃんと撮れてるんだよなあ。

本当にいい映画でした。
ふじき78 |  2011.07.02(土) 00:38 |  URL |  【コメント編集】

■>Cardhuさん

日本語字幕で観た直後の英語字幕でしたので問題なかったですが、前半部分はやっぱり日本語字幕ないとついていくだけで精一杯っぽいですね・・・。
「パープルストーム」まだ観てないんですよ、そうでしたジョシー・ホー姐さんでした、すぐに観なければ!
レオン・ライ、おいしいところの持って行き方がだんだん凄くなっているような(爆)
micchii |  2011.06.22(水) 22:52 |  URL |  【コメント編集】

字幕つきじゃないと前半たっぷり使った溜めの部分がいまいち理解しきれない…というか理解するのだけで手いっぱいでけっこうつらいんですよね~笑
『ダウンタウンシャドー』のあとに作った『パープルストーム』はかなりの見ごたえ(ジョシー・ホー最高♪)でしたからねぇ…テディ・チャン監督。

ドニーさんとアクション(のある)作品で競演という絶対不利なオファーを『セブンソード』『江山美人』に続き3度目も引き受けたレオン・ライもあっぱれ!今回はドニーさんよりたしかに引きつけられました!

大画面で字幕つきでちゃんと観たい作品のひとつです!
Cardhu |  2011.06.21(火) 13:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1526-b0879428

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「孫文の義士団」

映画館で観た。いや~久々にアクション映画を観たぞという感じ!!これぞワイヤーアクションってか。 ドニー・イエン、頑張っていますね。(「処刑剣」も観たかったんですが、こちらを優先しました。) ニコラス・ツェも大人になって・・・・。むむ、サイモン・ヤムはほ...
2011/07/20(水) 17:47:13 | シネマドライブ(シネカフェ)

孫文の義士団 まとめ

孫文の義士団 詳細   公開日:2011年04月16日   製作国:中国・香港合作   配 給:ギャガ   上映時間:139分 孫文の義士団 公式サイト   映画『孫文の義士団』公式サイト 孫文の義士団 あらすじ・ストーリー 1906年イギリス領香港。 10月15日に一人の男が来航…
2011/07/18(月) 09:37:51 | 映画まとめてみました

孫文の義士団

孫文の義士団 監督:テディ・チャン 出演:ドニー・イェン/レオン・ライ/ニコラス・ツェー/ファン・ビンビン/ワン・シュエチー/レオン・カーフェイ/フー・ジュン/エリック・ツァン/クリス・リー/サイモン・ヤム 内容:1906 年10月1日。腐敗した清朝打倒を掲げ...
2011/07/02(土) 21:44:13 | シネマDVD・映画情報館

「孫文の義士団」

一時間にも及ぶクライマックス、アクションも豊富だがえんえんとアクションだけでつなぐのではなく、孫文が会議に参加する前後一時間をいくつかのブロックに割り、影武者が孫文の母のところに寄っていかにもそこに孫文がいるかのように見せかけて十五分稼ぐ、その十五分を...
2011/07/02(土) 09:46:37 | prisoner's BLOG

『孫文の義士団』をシネマスクエアとうきゅうで観て狂喜ふじき☆☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆☆娯楽は全てを凌駕する】 こんなん面白くない言う奴は馬鹿扱いじゃ。 そんな風に思えるくらいの大傑作。 ドニー・イェンは『イップ・マン』でも気を吐 ...
2011/07/02(土) 00:42:34 | ふじき78の死屍累々映画日記

「孫文の義士団」

 (原題:十月圍城)ハッキリ言って、長い。こういう武侠もので2時間20分もの尺が必要であるはずもない。あと30分、ひょっとしたら1時間程度は削れるのではないだろうか。もっとも“これは単なる活劇編ではなく、歴史大作の側面を持っているのだ”との言い分もある...
2011/07/01(金) 22:26:23 | 元・副会長のCinema Days

『孫文の義士団』 孫文は日比谷でカレーを食べる?

 日比谷公園の中には、数軒のレストランが樹木の陰に隠れるように建っている。それぞれ木々や池に馴染んでおり、風情のある趣きである。  そのひとつ松本楼は、100年以上にわたってこの地にあり、2008年に...
2011/07/01(金) 21:46:56 | 映画のブログ

映画「孫文の義士団」歴史的事実には疎いがアクションには熱くなれる!

「孫文の義士団 」★★★★★ ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、 ファン・ビンビン、ワン・シュエチー、 レオン・カーフェイ、フー・ジュン、エリック・ツァン、 リー・ユーチュン、サイモン・ヤム、 チョウ・ユン、ワン・ポーチエ出演 テディ・チャン ?...
2011/07/01(金) 20:18:23 | soramove

▲PageTop

 | BLOGTOP |