2015.08.19

おすすめのスパイ映画30選 ~鉄板の古典から新作まで~

30 Essential Spy Films

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が絶賛公開中、来月以降『キングスマン』『コードネーム U.N.C.L.E.』と公開が控えていて、年末には『007 スペクター』、さらに日本公開はいまだ未定ながらメリッサ・マッカーシー主演のタイトルもズバリの『Spy』。

ここまでくると、2015年はスパイ映画の年だ!ということで、米映画サイトThe Playlistで「30 Essential Spy Films」という特集が組まれていました。

最近の映画から古くは1920年代の映画まで、かなり幅広く選ばれた30本。

早速、写真と一緒に一気に見ていきましょう。

鮮血の情報


鮮血の情報

『エルダー兄弟』のヘンリー・ハサウェイ監督が手掛けた戦争サスペンスアクション。1944年。特殊任務を主とする米軍オペレーション77の候補者の中に、ドイツ側のスパイが潜り込んでいたことが発覚し、彼は仲間を殺して逃亡してしまう…。

[監督]ヘンリー・ハサウェイ
[出演]ジェイムズ・キャグニー/アナベラ/リチャード・コンテ



三十九夜


三十九夜 ヒッチコック

ジョン・バカンの小説をアルフレッド・ヒッチコック監督が映画化したサスペンス。外交官・ハネイは、偶然出会った謎の女が殺されたことから殺人容疑を掛けられ逃亡を余儀なくされる。わずかな手掛かりを頼りに、ハネイは真犯人を捜し始めるのだが…。

[監督]アルフレッド・ヒッチコック
[出演]ロバート・ドーナット/マデリン・キャロル/ルーシー・マンハイム



ボーン・アルティメイタム - ジェイソン・ボーン


ボーン・アルティメイタム

ロバート・ラドラムの原作をマット・デイモン主演で映画化したサスペンスアクションシリーズの完結編。過去の記憶を消され暗殺者にされたボーンは、記憶を取り戻すため奔走するが…。

[監督]ポール・グリーングラス
[出演]マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/デヴィッド・ストラザーン/ジョーン・アレン/スコット・グレン/アルバート・フィニー



シャレード


シャレード

オードリー・ヘプバーン、ケーリー・グラント共演によるロマンティックサスペンス。離婚を決意して旅行から戻ったレジーナ。だが、彼女を待っていたのは家財一切が売り払われた空っぽの部屋と夫の死だった。そこへ見知らぬ3人の男が現れ…。

[監督]スタンリー・ドーネン
[出演]オードリー・ヘプバーン/ケイリー・グラント/ウォルター・マッソー/ジェームズ・コバーン/ジョージ・ケネディ



恐怖との遭遇


恐怖との遭遇

ジョン・ル・カレのスパイ小説『死者にかかってきた電話』の映画化。劇場未公開。

[監督]シドニー・ルメット
[出演]ジェームズ・メイソン/マクシミリアン・シェル/シモーヌ・シニョレ



エネミー・オブ・アメリカ


エネミー・オブ・アメリカ

J・ブラッカイマー製作、トニー・スコット監督によるアクション。妻子と幸せな生活を送る弁護士・ディーンは、ある日暗殺事件の証拠を手にしてしまう。全能の監視システムを操る巨大な敵を相手に彼は反撃を開始するが…。

[監督]トニー・スコット
[出演]ウィル・スミス/ジーン・ハックマン/ジョン・ボイド/レジーナ・キング/ローレン・ディーン



針の眼


針の眼

ケン・フォレットのベストセラー小説を映画化したサスペンス。連合軍のノルマンディー上陸作戦を嗅ぎ付けたナチスのスパイ“ニードル”は、証拠写真をドイツ軍に渡すため単身ボートに乗り込む。しかし、ボートは嵐で大破し…。

[監督]リチャード・マーカンド
[出演]ドナルド・サザーランド/ケイト・ネリガン/イアン・バネン/クリストファー・カザノフ



第四の核


第四の核

F・フォーサイスの原作をピアース・ブロスナン主演で映画化したスパイアクション。ソ連の工作員が西側に潜入し、NATOと米国を分断するため原爆を組み立てる。

[監督]ジョン・マッケンジー
[出演]マイケル・ケイン/ピアース・ブロスナン/ジョアンナ・キャシディ/ネッド・ビーティ/ジュリアン・グローヴァー



ホップスコッチ/或るエリート・スパイの反乱


ホップスコッチ/或るエリート・スパイの反乱

判らず屋の上司に窓際族を宣告された男がCIAを退職、元同僚やKGBに追われながら世界各地を転々としてスパイ業界の内幕暴露小説を発表するという、ブライアン・ガーフィールドの同名小説の映画化。

[監督]ロナルド・ニーム
[出演]ウォルター・マッソー/グレンダ・ジャクソン/サム・ウォーターストン/ネッド・ビーティ



レッド・オクトーバーを追え! - ジャック・ライアン


レッド・オクトーバーを追え!

トム・クランシーのベストセラー小説を、ショーン・コネリー主演で映画化したサスペンスアクション。突然姿を消したソ連の最新原子力潜水艦・レッド・オクトーバー。対応に苦悩したCIAは、艦長の真意を探るためにひとりの男を送り込む。

[監督]ジョン・マクティアナン
[出演]ショーン・コネリー/アレック・ボールドウィン/スコット・グレン/サム・ニール/ジェームズ・アール・ジョーンズ



国際諜報局 / パーマーの危機脱出 / 10億ドルの頭脳 - ハリー・パーマー


国際諜報局

“ハリー・パーマー”シリーズ第1作。英国諜報部員ハリーは、誘拐組織にさらわれた科学者の奪回を指令される。だが、そこには二重スパイの恐るべき罠が…。新型の洗脳マシーンをめぐる諜報戦を描いたスパイ・スリラー。

[監督]シドニー・J・フューリー
[出演]マイケル・ケイン/ナイジェル・グリーン/スー・ロイド/ガイ・ドールマン



「国際諜報局」に次ぐレン・デイトン原作“ハリー・パーマー”シリーズ第2弾で、『ベルリンの葬送』の映画化。英国情報部のパーマーに、ロシアの亡命将校を保護する指令が降った。彼はベルリンへ飛ぶが、そこには彼の知らない策謀が渦巻いていた…。

[監督]ガイ・ハミルトン
[出演]マイケル・ケイン/オスカー・ホモルカ/エヴァ・レンツィ



「国際諜報局」「パーマーの危機脱出」に次ぐ“ハリー・パーマー”シリーズ第3作。タカ派の将軍ミッドウィンターに率いられた、過激な反共組織がソ連壊滅を画策する。それを察知した英国情報部は、ハリー・パーマーの出動を要請。ハリーはソ連情報部の協力を得て反共組織と闘う…。

[監督]ケン・ラッセル
[出演]マイケル・ケイン/エド・ベグリー/フランソワーズ・ドルレアック/オスカー・ホモルカ/スーザン・ジョージ



善き人のためのソナタ


善き人のためのソナタ

2007年アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドラマ。84年、東ドイツの国家保安局のヴィースラー大尉は、劇作家・ドライマンとその恋人で舞台女優のクリスタが反体制的であるという証拠を掴むため監視を始めるが、次第に彼らの世界に魅入られ…。

[監督]フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
[出演]セバスチャン・コッホ/マルティナ・ゲデック/ウルリッヒ・トゥクール/ウルリッヒ・ミューエ



マッキントッシュの男


マッキントッシュの男

ポール・ニューマンがイギリスの秘密諜報部員を演じる、手に汗握るトリッキーなサスペンス作品。監督は「勝利への脱出」のジョン・ヒューストン。「48時間」のウォルター・ヒルが脚本を担当。

[監督]ジョン・ヒューストン
[出演]ポール・ニューマン/ドミニク・サンダ/ジェームズ・メイソン/ハリー・アンドリュース/イアン・バネン



影なき狙撃者


影なき狙撃者

ジョン・フランケンハイマー監督が放つ戦慄のスパイサスペンス。洗脳された男がダイヤのクイーンを見ると催眠状態に陥り、絶対服従するようになる。果たして彼を操っているのは…。主演はフランク・シナトラ。

[監督]ジョン・フランケンハイマー
[出演]フランク・シナトラ/ローレンス・ハーヴェイ/ジャネット・リー/ヘンリー・シルヴァ



マタ・ハリ


マタ・ハリ

踊り子にして悲劇の女スパイ、マタ・ハリを、伝説の女優ガルボが熱演!実在したと言われる世紀の女スパイ、マタ・ハリの人生を描いたドラマ。

[監督]ジョージ・フィッツモーリス
[出演]グレタ・ガルボ/ラモン・ノヴァロ/ライオネル・バリモア



恐怖省


恐怖省

グレアム・グリーンのスパイ小説をフリッツ・ラング監督が映画化。精神病院を退院したばかりのニールは、中流婦人たちが催す慈善バザーの会場に入る。そこでケーキの重さを当てるコンテストに優勝したことから、奇妙な事態に巻き込まれ…。

[監督]フリッツ・ラング
[出演]レイ・ミランド/マージョリー・レイノルズ/カール・エスモンド/ダン・デュリエ



ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル - イーサン・ハント


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

トム・クルーズ主演によるスパイアクションシリーズ第4弾。何者かの陰謀で解散へと追い込まれたIMFチーム。孤立無援となったイーサン・ハント率いるチームが、汚名を晴らすべく絶対不可能なミッションに挑む。

[監督]ブラッド・バード
[出演]トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/サイモン・ペッグ/ポーラ・パットン/レア・セドゥ/トム・ウィルキンソン/ヴィング・レイムス/ミシェル・モナハン



誰よりも狙われた男


誰よりも狙われた男

フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作、ハンブルクを舞台にリアルな諜報合戦を繰り広げるサスペンス。ドイツ・ハンブルクの諜報機関でテロ対策チームを率いるバッハマンは、密入国した青年・イッサに目を付ける。バッハマンは彼をわざと泳がせるが…。

[監督]アントン・コービン
[出演]フィリップ・シーモア・ホフマン/レイチェル・マクアダムス/ウィレム・デフォー/ロビン・ライト/グリゴリー・ドブリギン/ニーナ・ホス/ダニエル・ブリュール



ミュンヘン


ミュンヘン スピルバーグ

ミュンヘン・オリンピックを襲ったパレスチナゲリラと、イスラエル機密情報機関の戦いを描いたサスペンスドラマ。監督・製作はスティーブン・スピルバーグ。エリック・バナ、ダニエル・クレイグら豪華キャストが共演。

[監督]スティーヴン・スピルバーグ
[出演]エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー



女王陛下の007 - ジェームズ・ボンド


女王陛下の007

ジョージ・レーゼンビー主演による「007」シリーズ第6弾。“スペクター"の首領・ブロフェルドを追うボンドは、伯爵夫人・テレサの父から彼の情報を入手し、ブロフェルドの秘密施設に侵入する。

[監督]ピーター・ハント
[出演]ジョージ・レーゼンビー/ダイアナ・リグ/テリー・サヴァラス



ハバナの男


ハバナの男

ごく普通の中年会社員が、知り合いから英国情報部の仕事を頼まれる。彼は配属された美人秘書とともに、キューバ情勢を探ろうとするが……。善良な小市民がスパイ戦に巻き込まれた騒動を描く。

[監督]キャロル・リード
[出演]アレック・ギネス/バール・アイヴス/モーリン・オハラ/ノエル・カワード



北北西に進路を取れ


北北西に進路を取れ

アルフレッド・ヒッチコック監督、ケーリー・グラント主演によるサスペンス。広告代理店の経営者・ロジャーが、あることをきっかけに奇妙な事件に巻き込まれていく。

[監督]アルフレッド・ヒッチコック
[出演]ケイリー・グラント/エヴァ・マリー・セイント/ジェームズ・メイソン



汚名


汚名 ヒッチコック

アルフレッド・ヒッチコック監督のサスペンス。父にスパイ容疑が掛けられたことで売国奴と呼ばれたアリシアは、パーティーで出会ったFBI捜査官・デブリンに惹かれる。だが、彼はある目的から彼女を利用しようと企んでいて…。

[監督]アルフレッド・ヒッチコック
[出演]ケイリー・グラント/イングリッド・バーグマン/クロード・レインズ



追いつめられて


追いつめられて

ケビン・コスナー、ジーン・ハックマン共演によるポリティカルサスペンス。海軍士官のトム・ファレルは国防長官の愛人である女と恋に落ちるが、彼女は殺されてしまう。その後、トムを犯人として示す証拠が次々と現れ…。

[監督]ロジャー・ドナルドソン
[出演]ケヴィン・コスナー/ジーン・ハックマン/ショーン・ヤング/ウィル・パットン/ハワード・ダフ



さらばベルリンの灯


さらばベルリンの灯

ドイツ国内で暗躍するネオナチ一派とイギリス情報部員の戦いを描いたスパイサスペンス。潜伏するネオナチの情報を探るため、情報部員がある小学校の女教師から敵アジトの情報を掴むが…。

[監督]マイケル・アンダーソン
[出演]ジョージ・シーガル/アレック・ギネス/マックス・フォン・シドー/センタ・バーガー



スピオーネ


スピオーネ

巨匠、フリッツ・ラング監督が手掛けるスパイ映画の傑作。第一次世界大戦後のヨーロッパを舞台に、国家機密を狙う国際諜報組織の暗躍と、それに立ち向かう英国情報部の戦いを描く。

[監督]フリッツ・ラング
[出演]ルードルフ・クライン=ロッゲ/ゲルダ・マウルス/リエン・ダイヤース/ルイ・ラルフ/クレイグホール・シェリー



スパイ


スパイ マイケル・パウエル

その後映画史上屈指の名コンビとなるM・パウエルとE・プレスバーガーがここでは監督&脚本家として初めてタッグを組み、英独開戦前夜に生み出したスパイ・スリラー。

[監督]マイケル・パウエル
[出演]コンラート・ファイト/ヴァレリー・ホブソン/セバスチャン・ショウ



寒い国から帰ったスパイ


寒い国から帰ったスパイ

ジョン・ル・カレの同名小説を映画化した、スパイ映画の傑作。冷戦時代のベルリンを舞台に、東ドイツに潜入したイギリス諜報員の姿を描く。

[監督]マーティン・リット
[出演]リチャード・バートン/クレア・ブルーム/オスカー・ウェルナー



コンドル


コンドル シドニー・ポラック

シドニー・ポラック監督、ロバート・レッドフォード主演によるサスペンス。CIA末端組織のオフィスが何者かに襲撃され、調査員たちが射殺される。ターナーは運よく生き残るが…。

[監督]シドニー・ポラック
[出演]ロバート・レッドフォード/フェイ・ダナウェイ/クリフ・ロバートソン/マックス・フォン・シドー



裏切りのサーカス


裏切りのサーカス

ゲイリー・オールドマン主演、『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン監督によるサスペンス。東西冷戦下、英国諜報部“サーカス”の上層部に潜むソ連の二重スパイを突き止めるべく、諜報員たちが熾烈な攻防を繰り広げる。

[監督]トーマス・アルフレッドソン
[出演]ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/トム・ハーディ/ジョン・ハート/トビー・ジョーンズ/マーク・ストロング/ベネディクト・カンバーバッチ/キアラン・ハインズ




監督的にはやはりヒッチコックが強いですが、007が『女王陛下の007』なところからしてもう渋い。

“これだけは押さえておきたい”と言われているのに結構観ていないのがありますが、Blu-rayどころかDVDすら出てないのも何本もありますね。

『影なき狙撃者』や『針の眼』が入ってるだけでもうニヤリとなりますが、大好きな『コンドル』が入っているのも嬉しい。

ここ数年ではまずはこれという『裏切りのサーカス』『誰よりも狙われた男』もちゃんと選ばれています。

観ていて選ばれている映画はどれも好きなのばかりなので、この選者とは好みが合いそう。

簡単には観れないのもありますが、これは未見の映画を観るのが凄く楽しみ!

The Playlist<30 Essential Spy Films>

【関連記事】
爆笑必至!おすすめのバディムービー25選

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/15016-5c478e98

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |