2011.02.12

『ツーリスト』予告編にMuseの「Map Of The Problematique」!

先ほど『RED/レッド』を観てきて、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』など他にもいくつか予告編が流れましたが、管理人が釘付けになったのはこれ。


ジョニー・デップとアンジーの初共演が話題で、確かにその意味でも楽しみですが、管理人は特に二人のファンというわけではありません。
釘付けになったのは音楽。

劇場で流れた予告編とは微妙に違いますが、この動画では0:53から。

Museの4thアルバム『Black Holes And Revelations』から「Map Of The Problematique」。

DVDも持っていて何度も何度も観た、むちゃくちゃかっこいいWembleyでのLIVEバージョンはこちら。


ただ、予告編で流れたからといって、本編で使われるとは限りません。

以前『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』予告編にMuseの「Assassin」!というエントリーをUPしましたが、本編では流れませんでした。

また、 『ウォッチメン』サントラ、超豪華な顔ぶれ!というエントリーの中で触れたように、『ウォッチメン』の予告編の1バージョンには「Take A Bow」が使われていましたが、これも結局本編では使われませんでした。

三度目の正直で、今度こそ本編でも使われていてほしいなぁ。

<関連記事>
『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』予告編にMuseの「Assassin」!
『ウォッチメン』サントラ、超豪華な顔ぶれ!



 

TB(0) CM(4) EDIT

*Comment

■>よしぼうさん

ご紹介いただいたエントリーのコメント欄にあった「予告編専門の会社に素材渡して作らせることが多い」ということなんでしょうね。
これからはあまり期待しないようにしないといけませんね。
『ツーリスト』、「あまりにバカバカしいのでコメディだと思いました」が正式コメントというのが凄いですね(笑)
micchii |  2011.02.21(月) 20:27 |  URL |  【コメント編集】

■よくあることらしいですね

映画の音楽と、予告編の音楽の違いなんて、そんなに意識したこと、なかったですが、これからは意識してみようかと思いました。

http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20110211

このエントリでもふれられているので、よくあるみたいですね。必ずしも予告編が本編より先に作られているためでは、ないみたいですね。予告編の音楽に感動する場合もあるので、できれば同じもの使って欲しいところですね。

ところで「ツーリスト」に期待するのはヤバイですよ。
ゴールデングロ-ブ賞のサスペンスのはずが、あまりにオチがヒドイので「コメディ」にノミネートされた怪作です。

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20101231

このエントリに詳しいけれど、ジョニデもジョリ姐も、もう少し仕事選んで欲しいですね。
よしぼう |  2011.02.21(月) 06:46 |  URL |  【コメント編集】

■>tonboriさん

なるほど、そう珍しいことでもないんですね。
いかにかっこよく、いかにキャッチーに作って、観る気にさせるか。“そのためだけの”曲を使うということですね。
では、今回もあまり期待しないようにしておきます。
micchii |  2011.02.13(日) 15:32 |  URL |  【コメント編集】

■予告編の音楽

そういえば映画ネタサイトの破壊屋さんとこでもそういう話がでてたことがありました。
それだけ多いってことですよね。
自分もランボーが保安官事務所から逃げるさいのカーチェイスシーン、予告編で使われていたアッパーな曲が全然つかわれいなくて、アレ?って思った事があってそこから注意深く観ていくと結構そんなのが多いぞみたいな。
なので予告編と本編は切り離して考えてます(音楽のみ)
tonbori |  2011.02.12(土) 23:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1331-557786ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |