2015.05.10

『黄金の棺』(セルジオ・コルブッチ)

黄金の棺

序盤からいきなり輸送隊襲撃の大虐殺、さすがコルブッチ、容赦ない!

その後は、開けられそうになる度にヒヤヒヤもので上手いこと乗り切り、まさに棺が主役、『黄金の棺』の邦題はぴったり。

ジョセフ・コットンが見せる異様なまでの執念もいい。

散々引っ張っておいてのあの幕切れも完璧。

それでも、一番の主役はやっぱりエンニオ・モリコーネ(Leo Nichols名義)の音楽。

特に、トランペットソロのクレジットとしてモリコーネと並んで名前が出るNunzio Rotondoのトランペットがかっこよすぎ! https://youtu.be/3atoEZQMlHQ





[原題]I crudeli
1967/イタリア・スペイン/90分
[監督]セルジオ・コルブッチ
[音楽]エンニオ・モリコーネ
[出演]ジョセフ・コットン/ノーマ・ベンゲル/ジュリアン・マテオス/アル・ムロック/ジーノ・ペルニス/エンジェル・アランダ/マリア・マーティン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ガンマン大連合』(セルジオ・コルブッチ)
『殺しが静かにやって来る』(セルジオ・コルブッチ)
『ザ・サムライ/荒野の珍道中』(セルジオ・コルブッチ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/13185-831024ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |