2015.11.20

『ワイルド・スピード SKY MISSION』(ジェームズ・ワン)

ワイルド・スピード SKY MISSION

アクション映画で一番大事なのは“俳優自身の存在感”ですが、存在感だけで主役を張れる面子が次から次へと出てきて、車が空を普通に飛ぶとか、そんなことよりも、この俳優たちの共演がたまらない。

ワイルド・スピード SKY MISSION ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー カート・ラッセル

散々派手にやった後のあの静けさ、あれは反則。号泣。

「騎兵隊は連れてきた?」「俺が騎兵隊だ」

ジョン・ウェインでも無理なこんな台詞を真顔で言って冗談にならないのはロック様だけだわ、もう格が違いすぎる…。

ワイルド・スピード SKY MISSION ドウェイン・ジョンソン

普通なら絶対死んでる爆発から涼しい顔で出てくることに何の疑問も抱かないこの説得力。

映画史上最強のフォーメーションは“4人一列横並び”ですが、“4台一列縦並び”のあの美しさ!

ワイルド・スピード SKY MISSION 車 4台一列縦並び

パラシュート降下よりもその後のあれの方が断然燃える。

勢いをつけるためにはやっぱり後ろから順番にぶつけて加速させるしかなくね?な適当さも最高(笑)

前作のミシェル・ロドリゲスvsジーナ・カラーノの頂上対決を越えるものは当分拝めないと思ってたら、これがあったか!の夢のカード、「ちょうどよかったわ、退屈してたのよ」のわかってる台詞から始まる、ミシェル・ロドリゲスvsロンダ・ラウジー!

ワイルド・スピード SKY MISSION ロンダ・ラウジー ミシェル・ロドリゲス

『ワイルド・スピード』の後はもちろんコロナしかないでしょ! https://instagram.com/p/1p2eOBulEM/

(2015.4.19)

~2015.11.20 追記~
久しぶりの映画館での鑑賞は大垣コロナ4DX。

車は飛べないとちゃんと前置きしてから、あれだけ飛ぶ(4DXなのでふわりと浮く体感もある)んだからもう笑うしかない。

崖から落ちるところは4DX史上最凶レベルの揺れ。

“映画体験”としては最高峰。

やっぱり長すぎるけど、見せ場の場面は何回観てもアガる。

挙げだしたらきりがないけど、サングラスをかけてから二丁拳銃を撃ち始めるカート・ラッセルと、「騎兵隊を連れてきた?」「俺が騎兵隊だ」のジョン・ウェインも真っ青なロック様が別格すぎる。

ワイルド・スピード SKY MISSION [Blu-ray]ワイルド・スピード SKY MISSION [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2016-04-08

Amazonで詳しく見る



[原題]Fast & Furious 7
2015/アメリカ/137分
[監督]ジェームズ・ワン
[脚本]クリス・モーガン
[音楽]ブライアン・タイラー
[出演]ヴィン・ディーゼル/ポール・ウォーカー/ドウェイン・ジョンソン/ミシェル・ロドリゲス/ジョーダナ・ブリュースター/タイリース・ギブソン/クリス・“リュダクリス”・ブリッジス/エルサ・パタキ/ルーカス・ブラック/ジェイソン・ステイサム/ジャイモン・フンスー/トニー・ジャー/ロンダ・ラウジー/ナタリー・エマニュエル/カート・ラッセル

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ワイルド・スピード MEGA MAX』(ジャスティン・リン)
『ワイルド・スピード EURO MISSION』(ジャスティン・リン)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/12711-240d7ea7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |