2015.04.18

『セッション』(デイミアン・チャゼル)

セッション

映画館で並んでビッグサイズのポップコーン(レーズンかけ!)食べながら、一緒にジュールス・ダッシンの『男の争い』観てくれるなんて、お父さん最高すぎだろ!

セッション お父さん ポップコーン

終盤まではほとんどホラーですが(1秒のずれもなく9時きっかりに先生が教室に入ってきた時の、息もできないほどの張り詰めた空気!)、ラスト10分で全部ひっくり返る。

J・K・シモンズと主人公の無言の笑みの応酬は『ロンゲスト・ヤード』のエド・ローターにも負けていない。最高。

さっきはポップコーンのことだけ書きましたが、お父さんはほんと効いてるよなぁ。

ドアの隙間から見るお互いの姿。止めを刺された息子への温かい言葉と抱擁。

セッション お父さん ドア

チャーリー・パーカーはリベンジするのに1年かかったけど、“帰る場所”があった主人公は踵を返しその足で“一線”を越える。

「『ロンゲスト・ヤード』のエド・ローターにも負けていない」と書いたJ・K・シモンズ先生の笑みはもう少し正確に書くと、『北国の帝王』で振り落としたAナンバーワンが再び挑戦してきたのを見つけた時のアーネスト・ボーグナイン+『ロンゲスト・ヤード』のラストのエド・ローター。

J・K・シモンズ先生の罵詈雑言はFワードをひたすら浴びせるのではなく、気に入ったように思わせてさりげなく家庭事情などを聞き出して、後でそれをネタに個々に合わせてというものでかなりエグい。

セッション J・K・シモンズ 主人公

セッション J・K・シモンズ トロンボーン奏者

ハートマン軍曹よりレベルが一段上(笑)





[原題]Whiplash
2014/アメリカ/107分
[監督・脚本]デイミアン・チャゼル
[出演]マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/メリッサ・ブノワ/ポール・ライザー/オースティン・ストウェル/ネイト・ラング

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/12687-a3d19e99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |