2011.02.26

『マラドーナ』(エミール・クストリッツァ)

マラドーナ

映画とサッカーを愛する者にとって、これ以上はない最強の組み合わせ、マラドーナ×クストリッツァ。
以前三度もエントリーをUPしながら、結局映画館には行けませんでしたが、ようやく観れました。

マラドーナが主役ということで、サッカーがメインかと観る前は思っていましたが、現役引退後代表監督就任前の期間の彼が対象と言うことで、サッカーの“神の子”ではなく、コカインに溺れ、妻を娘を愛しながらもそれを自ら台無しにしてきた、一人の情けない男の話です。
そして、あるシーンに号泣。

とはいえ、随所に挿入される現役時代のスーパーゴールの数々はまさに神の子のなせる技で、文字通り一人で試合を決めています。
以前どこかで読んだ、ナポリ時代のチームメイトの「俺にボールを回してくれさえすればゴールを決めるからって。一見嫌味な言い方だけど、でもほんとに決めちゃうから腹も立たないんだよね(笑)」みたいな言葉がありましたが、南部の弱小チームで、ユベントスやミラン相手に一人でセリエAまで制したマラドーナ、偉大なサッカー選手はたくさんいますが、やはり次元が違います。
久々にナポリを訪れた時の映像も出てきますが、英雄の帰還に地元の熱狂ぶりは凄まじいものがありました。

また、極めて政治的な映画でもあります。インタビューも、サッカーのことよりも、政治のことを話している時間の方が長いような。
伝説の5人抜きゴールの映像に合わせてブッシュやブレアやエリザベス女王をこき下ろし、カストロやチャベス大統領も登場し、ハイライトはマル・デル・プラタでのあの反FTAAの集会。

あと、クストリッツァ映画といえば毎回音楽も最高ですが、“ノー・スモーキング・オーケストラ”のLIVEにマラドーナが登場するシーンもありました。
ですが、今回はやはりManu Chaoでしょう。本人を前に、むちゃくちゃ嬉しそうに歌っています。


政治的な映画と書きましたが、笑えるシーンも結構あって、その多くを占めるのが“マラドーナ教”のシーンの数々。
入信の儀式が一番笑えて、“神の手ゴール”を再現しそれを素晴らしいゴールと認めるともう信者の仲間入りです。
教会や聖書もちゃんとあって、マラドーナ教独自の結婚式まであります。アルゼンチンはカトリックが多くを占める国ですが、実はマラドーナ教の信者の方が多いかも(笑)

さて、冒頭に書きました号泣シーンですが、これがなんと、マラドーナの歌。
歌詞も泣けるので、ぜひDVDで日本語字幕をご覧になっていただきたいですが、彼がいかに家族を愛し、家族に愛され、周りの人たちに愛されているか。
偉大なサッカー選手としてではなく、“人間”マラドーナを捉えた極上のシーン。

大切な仲間に囲まれ、両肩に娘さんを抱き、下手な歌を歌うマラドーナ。そんな彼を見つめる奥さん。
マラドーナ、ワールドカップの優勝トロフィーを掲げた時よりも素敵な笑顔をしています。
言葉なんかわかんなくても、映像だけで何度見ても涙なしでは見れません。これを生で観れたクストリッツァが心の底から羨ましい。
百聞は一見に如かず、4:50過ぎからです。


最後に、予告編にもちらっと出ていたクストリッツァのサッカーテクニックですが、なかなかのもので、マラドーナとリフティングしている彼は、映画監督でもなんでもなく、ただの一人のマラドーナファンで、ほんとに幸せそうでした。

去年ワールドカップが開催され、ある意味どの選手よりも目立っていたマラドーナ。
そんなマラドーナを“一人の人間”として捉えた最高のドキュメンタリー。
映画とサッカーを愛する全ての方にお勧めです。



[原題]Maradona by Kusturica
2008/スペイン・フランス/95分
[監督]エミール・クストリッツァ
[出演]ディエゴ・マラドーナ/エミール・クストリッツァ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
ワールドカップと一緒に楽しみたいサッカー映画11選
サラエボが生んだ二人の偉人 オシムとクストリッツァ
マラドーナ×クストリッツァの『マラドーナ』がカンヌ国際映画祭に登場!
マラドーナ×クストリッツァの『マラドーナ』、ついに日本公開!

 

TB(0) CM(2) EDIT

*Comment

■>よしぼうさん

マラドーナのことが生理的に受けつけないとなると仕方ありませんが、そうでもなければ、クストリッツァが大好きでしたら、絶対観て損はないと思いますよ!ほとんどサッカーは関係ないですし。
『エリックを探して』、ブログで取り上げたのはなんと2009年の6月ですが、ようやく公開されましたね。
ケン・ローチもカントナも大好きなので、これももちろん期待してます。
micchii |  2011.02.27(日) 17:35 |  URL |  【コメント編集】

■マラドーナは少し・・・

エミール・クストリッツァは大好きですが、「マラドーナ」には、あまり興味がわきません。
でも、ケン・ローチがエリック・カントナにあこがれる男を描いた「エリックを探して」は評判がいいようで、興味があります。まあ、サッカーは日本人には案外なじみが薄いためもあるんでしょうが・・・
よしぼう |  2011.02.27(日) 14:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1246-7ef9c450

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |