2015.03.28

『胸に輝く星』(アンソニー・マン)

胸に輝く星

素晴らしすぎる!いやー、いいものを観た。

死体を連れて町に現れた賞金稼ぎに注がれる住民の冷たい視線、旅立つ彼と新たな家族に次々とかけられる温かい言葉。

臨時の若き保安官を鍛え上げる老練な賞金稼ぎ、あくまでも脇に徹するヘンリー・フォンダが渋い。

胸に輝く星 ヘンリー・フォンダ アンソニー・パーキンス

満を持してついに再び胸につけられる保安官バッジ(胸に輝く星)に泣け!

最後の決闘は若き保安官(アンソニー・パーキンス)に見せ場を譲るも、クライマックスのアクションではヘンリー・フォンダももちろん大活躍。

アンソニー・マンの映画なので、今回ももちろん舞台は岩山!意地でも岩山!
銃ではなく、草木を使った火での炙り出しという攻撃が地味にエグい(笑)

そういえば、悪役の一人がリー・ヴァン・クリーフだった。ヘンリー・フォンダとの対決はよく考えると豪華。
台詞もちゃんとあって大きな役ではあるけど、この頃はまだ“悪役の一人”という感じだなぁ。

でも、この頃からすでにもう面構えだけは最高。『夕陽のガンマン』の8年も前かぁ。

胸に輝く星 [DVD]胸に輝く星 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2015-05-13

Amazonで詳しく見る

[原題]The Tin Star
1957/アメリカ/93分
[監督]アンソニー・マン
[音楽]エルマー・バーンスタイン
[出演]ヘンリー・フォンダ/アンソニー・パーキンス/ベッツィ・パルマー/マイケル・レイ/メアリー・ウェブスター/ジョン・マッキンタイア/ネヴィル・ブランド/リー・ヴァン・クリーフ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ウィンチェスター銃'73』(アンソニー・マン)
『怒りの河』(アンソニー・マン)
『ララミーから来た男』(アンソニー・マン)
『裸の拍車』(アンソニー・マン)
『遠い国』(アンソニー・マン)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/12258-dd153633

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |