2005.01.15

『桃色の店』(エルンスト・ルビッチ)

桃色の店

エルンスト・ルビッチ初体験。そして、観てませんが『ユー・ガット・メール』はこれのリメイクとのこと。

文通相手に恋したもののなかなか会う勇気が出ないジェームズ・スチュアート演じる雑貨店店員クラリク。
相手の女性は実は…という典型的な話で、ラストも完全に読めます。これといったことも何も起きません。
となると勝負は台詞と演出となるわけですが、その部分が圧倒的に素晴らしい!

クララが強引に雇ってもらおうとして勝手に客相手に接客を始めるシーンの畳み掛ける演出、愛すべき脇役ピロヴィッチさんがボスが誰かに意見を聞こうとすると必ず隠れるおかしさ、クラリクとクララのいがみあい、頑固そうに見えてチャーミングな店のボスであるマトチェク氏の愛嬌、『アンナ・カレニナ』とカーネーション、使いっ走りから店員にしてもらった少年がビシっと決めて店に現われる時の満面の笑み、解雇されたクラリクが一人一人と握手した後店を去る時の切なさ、そして私書箱237。

桃色の店 ルビッチ

中でも一番の傑作はクリスマスイブの夜でしょう。
クリスマスイブの日、店は大繁盛、もちろんみんなは大喜び。

ところが、店じまいの後、ある事情があるボスはイブの夜なのに一人ぼっち。
そこで、店員を一人また一人誘います。

しかし、もちろんみんな悪気はないんですが、恋人、家族と、それぞれ過ごす相手がいます。
一人また一人と去っていきます。

ピロヴィッチさんとのやりとり。

「今夜は我が家で楽しいパーティーかね?」
「そうです」
「お客も来るんだろうな」
「いえ、妻と子供2人、それと私だけです。家族だけで幸せです」
その言葉に「メリー・クリスマス」と笑顔で見送るボス。

しかし、先ほどの店員に昇格した少年に変わって新たに使いっ走りとして雇われた少年が残っていました。
家族は別の町にいて一人ぼっちと聞いて、ボスはこれでもかと美味しそうなものを語って少年を誘います。
このやりとりもとても素敵。聞いただけでその美味しそうなこと!

「チキン・ヌードル・スープは好きか?」
「大好きです」
「焼きリンゴを詰めたガチョウのローストは?」
「赤キャベツを添えたバター味のポテトは?」
「大好き」
「サワー・クリームのきゅうりサラダは?」
「ヴァニラ・ソース付きのアップル・パイは?」
「すごいや」
「よし、食べに行こう」

この時のボスの何とも言えない笑顔、誰でもいいは言い過ぎでしょうが、誰かにそばにいてほしかったのです。
それがたとえ、一度聞いたのに覚えられなくて「名前はなんだった?」と聞くような雇ったばかりの少年だったとしても。

高校時代の文化祭にクラスでやった演劇で、クラスの女の子が書いた脚本にあった台詞を思い出しました。
「人間、誰にでもそばにいてくれる人が必要なんだ。だけどそれは一人でいい」

エルンスト・ルビッチ監督といえば、当ブログでも『アパートの鍵貸します』『情婦』をアップしている大好きなビリー・ワイルダー監督のお師匠さん。

そして、あのビリー・ワイルダーをしてもとてもかなわないと噂には聞いていましたが、評判以上の素晴らしさ。
ビリー・ワイルダーといえば絶品の話術ですが、さすがお師匠さん、さらに洗練させた感じです。

別に感動させようとか、笑わせようとか、泣かせようというのはまったくないんです。
それでも、思わずくすっと笑えて、ほろりときて、優しくて温かい。そのうえ何よりお洒落。

60年以上も前の作品なのに、まったくお約束な展開なのに、ほぼ店と街角だけと場面は限られているのに、それでもこんなに滅茶苦茶面白いなんて、いかに台詞と演出が凄いかということ。

他の追随を許さないと言われる世にいう“ルビッチ・タッチ”。
まだ1本しか観ていないというこの幸せ。

これから何度酔わせてくれることでしょう。
脱帽。



[原題]The Shop Around the Corner
1940/アメリカ/97分
[監督]エルンスト・ルビッチ
[出演]ジェームズ・スチュアート/マーガレット・サラヴァン/フランク・モーガン

→予告編 →クリスマスイブの夜 →他の映画の感想も読む

TB(6) CM(4) EDIT

*Comment

■>十瑠様

TB&コメントありがとうございます。
この作品は、一番最初に観たルビッチ作品なので強く印象に残っています。
マトチェックとルディとのやりとりはほんとにお気に入りです。
記事中にありました、「人間の善意を基調にしている」、そこがキャプラとの共通点でしょうね。
micchii |  2006.11.25(土) 13:28 |  URL |  【コメント編集】

■やっとこさ、観ました

ルビッチの名前を知ったのは、micchiiさんのこの記事からだったような気がします。

マトチェックとルディとのやりとりが克明に書いてあって、読む度に思い出しそうですねぇ。

キャプラ映画みたいでもありましたよね。
十瑠 |  2006.11.25(土) 10:30 |  URL |  【コメント編集】

■>5011様

こちらにもお越しいただいてありがとうございます。
ラストはわかりきってますが、それでも、いいんですよね~。
今でこそ12本観てますが、一番最初に観たルビッチ作品がこの作品だったので、凄く印象に残っています。
場所もほとんどが店で、たいしたことは何も起きないのに、脚本と演出だけでこんなに魅せるなんて!と唸ったものでした。

自分はケイリー・グラント派なんですが、『スミス都へ行く』は大好きです。
この時期は、彼の出演作に限らず、ほんとに傑作が集まってますよね。
micchii |  2006.04.25(火) 09:36 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

「桃色の店」は他のルビッチ作品とはちょっと毛色が違うけど、こういったシンプルなものも作ってたんですね。
ラストは絶対この店内のシーンでエンディングなんだと思いながら、そしていつスチュワートが真実を切り出すんだとヤキモキしながら、約束されてるハッピー・エンドを首を長くして待ってました。

スチュワートはこの映画の前年に「スミス都へ行く」でオスカーに初ノミネートされ、この映画と同じ1940年に「フィラデルフィア物語」で初の主演賞を受賞しましたね。
もっとも勢いのある時期だったんですね。
5011 |  2006.04.23(日) 20:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/113-470996c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

桃色(ピンク)の店

(1940/エルンスト・ルビッチ製作・監督/ジェームズ・スチュワート、マーガレット・サラヴァン、フランク・モーガン、ジョセフ・シルドクラウト、フェリックス・ブレサート、ウィリアム・トレイシー/97分)
2006/11/25(土) 10:22:20 | ::: SCREEN :::

街角

 エルンスト・ルビッチ監督の「街角」は、もとは「桃色(ピンク)の店」という邦題でした。原題(The Shop Around the Corner)を直訳すれば、「街角の店」なんでしょうけど。 トム・ハンクスとメグ・ライアンの「ユー・ガット・メール」は、この映画の「手紙」を「Eメー
2005/12/03(土) 23:41:14 | お楽しみはこれから!

街角/桃色の店

The Shop Around the Corner (1940)良かった~♪「ユー・ガット・メール」も好きだけど元も可愛い映画だなあ。ジェームズ・スチュワートの完全なファンになった!彼って最高だ!クリスマスには絶対見たい映画だな。(2003/09)goo 映画
2005/09/05(月) 13:37:42 | しあわせ映画生活

「街角」~元祖ユー・ガット・メール

1939年 監督/エルンスト・ルヴィッチ出演/ジェームズ・スチュワート マーガレット・サラバンハンガリー・ブダペストの雑貨店に勤める仕事熱心な青年クラリクは、まだ見ぬペンフレンドの女性に好意を抱いていた。そんな彼の店に口の達者なクララがやってきて、強引に店...
2005/09/04(日) 16:05:23 | お茶の間オレンジシート

街角(1940/米)

THE SHOP AROUND THE CORNER監督:エルンスト・ルビッチ出演:ジェームス・スチュアート マーガレット・サラヴァン  ルビッチは上流階級を舞台にピリッとしたスパイスの効いたコメディ、というのが多いように思っていたが、この映画は働く庶民の物語。失業すれば今日から
2005/05/02(月) 08:26:53 | 虫干し映画MEMO

街角 桃色の店 The Shop Around The Corner

「街角〓桃色の店」 Ernst Lubitsch(エルンスト・ルビッチ)監督の...
2005/03/25(金) 21:43:42 | Audio-Visual Trivia for Movie & Music

▲PageTop

 | BLOGTOP |