2005.01.25

『ペイルライダー』(クリント・イーストウッド)

ペイルライダー

今回は、イーストウッド入魂の西部劇。

『シェーン』のリメイクなどと言われていて、確かにそのままのシーンもありますが、やはり同じイーストウッドの『荒野のストレンジャー』のリメイクでしょう。

オープニング、荒野を馬で駆ける一団と、のどかな山あいの村に暮らす人々が、何度も交互に映ります。
躍動感たっぷりの蹄の音、片や村の人々のありふれた日常。
徐々にこの二つのかけ離れた世界がどう出会うのかの想像が膨らみます。この冒頭の数分ですでに傑作であることを確信。

散々に村を荒らされ、打ちひしがれる人々。
愛犬を殺された少女が神に祈ります、「主のご加護のあることを信じてはいますが、奇跡をお示しください」「一度だけ奇跡を」と。

ペイルライダー シドニー・ペニー

そこに、雷鳴轟く白銀の荒野に馬にまたがり“牧師”イーストウッド登場。
その姿を捉えたロングショット、あまりのかっこよさに、あまりの美しさに、あまりの神々しさに、訳もなく涙がこぼれました。

町で村の一人が無法者に襲われているのを助けた牧師。
傷一つ負わない圧倒的な強さ。

その男の家に招かれ、しばし村にとどまることに。そして、砂金の採掘権を奪われそうになっている村の人々に手を貸すことになります。
ここらへんは、『七人の侍』を感じさせました。『荒野の用心棒』で“桑畑三十郎”を演じているイーストウッドのこと、どこかにそんな影響もあることでしょう。

手下が牧師に痛い目に会わされたことを知り、この一帯を牛耳っているボスの息子が大男を連れて牧師に“挨拶”に来ます。
しかし、そのとんでもなく大きくて強そうな男をも一発で参らせてしまった牧師の姿に、もはやこの村を去るしかないと諦めていた人々の心に勇気と、そして団結力が芽生えます。

そんな状況に、ボスは1人あたり100ドルの立ち退き料で手を打とうとしますが、牧師の凄みに値段は1000ドルに釣り上がります。

さすがに1000ドルは大きく、村の人々の心は揺れますが、ここで皆に語りかけたのが先ほどの町で襲われた男、金に負けていいのか、この土地を愛していないのかと。
一人が答えます。「俺は勇者じゃないが、臆病者でもない」
真っ暗闇に焚き火の明かりだけの村の男たちの話し合い、ここも屈指の名シーン。

ペイルライダー

村の人々が金に屈しないことがわかったボスは、人を殺すことも平気と名高い保安官とその部下6人を雇います。もはや力ずくです。
この7人がまたかっこよくて、横一列にならんで銃に手をかけるシーンなど痺れます。

町で待ちかまえる7人の猛者、さらにボスの手下たち、そこに“一人で”乗り込んでいく牧師、もうたまりません。
一緒に行こうとした男を途中で置き去りにするシーンの台詞も痺れまくりですが、観てのお楽しみということで。
乗り込んでからの展開も伏せておいた方がいいでしょう。

そして、「Shane, Come buck!」ではなく「I love you! Thank you! Goodbye!」。

ペイルライダー

しかも、その時牧師の姿はすでになく、ただ荒野にこだまする少女の叫び。

完璧。

あまり書かない方がいいと思いいろいろと伏せてますが、他にも痺れる台詞やシーンのオンパレード。

それに何よりも、ただただ美しい。
馬が駆ける荒野、馬が駆け抜ける陽光差し込む林道、水圧式採掘の放射水、闇夜に人の顔を照らし出す焚き火の明かり、少女が愛犬を埋葬した小さなお墓の盛り土、人気のない殺伐とした町の往来、そしてなんといっても“One miracle”として現われる“牧師”イーストウッドの登場シーン、目を閉じれば次々と光景が浮かんできます。

圧倒的映像美と、多くを語らない男たち。

文句なしの大傑作。



[原題]Pale Rider
1985/アメリカ/105分
[監督]クリント・イーストウッド
[撮影]ブルース・サーティース
[出演]クリント・イーストウッド/マイケル・モリアーティ/キャリー・スノッドグレス/シドニー・ペニー/リチャード・キール

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『シェーン』(ジョージ・スティーヴンス)
愛すべき西部劇BEST10

 

TB(8) CM(6) EDIT

*Comment

■>はいちゃさん

初めまして、コメントありがとうございます。
聖書にはとんと疎いですが、「ヨハネの黙示録」の一説は、確か最初にちらっと出てきますよね。
詳しい解説をありがとうございます。
時々見返す映画なので、次観る際にはご指摘の点により注意して観たいと思います。
micchii |  2011.01.16(日) 00:18 |  URL |  【コメント編集】

■Pale Riderの意味

この映画の基本コンセプトは新約聖書「ヨハネの黙示録」のなかにある。6章の第8節「そして見ていると、見よ、青白い馬が現れ、乗っている者の名は「死」といい、これに陰府が従っていた。彼らには、地上の四分の一を支配し、剣と飢饉と死をもって、更に地上の野獣で人を滅ぼす権威が与えられた。」「青白い馬が現れ、乗っている者の名は「死」といい」の部分を英訳聖書で見ると、 There was a pale-colored horse.Its rider was named Desthとなっており、pale-riderはこの部分を詰めた新造語であることが分かる。つまり、少女の祈りに答えて現れたペールライダーは神から死の裁きを与える権能をさずけられた神の使い、ということになる。聖書のこの後の個所を読むと彼が復讐のために現れたことが暗示されており、この英語のストーリーと一致している。この映画は西部劇の意匠を借りた宗教映画でもあるのだ。焚き火の前に集まった男達のルネサンスの名画を見るような面立ちーまるで、カラバジョの宗教画のようだ。そして最後に男が去って行く山の何とも神々しいことかーまるでモーゼが十戒を授かるシナイ山のようだ。

はいちゃ |  2010.05.11(火) 18:01 |  URL |  【コメント編集】

『ペイルライダー』拝見しました。
あまりに素晴らしくて何度も何度も読んでしまいました!!
micchii(管理人) |  2005.02.04(金) 17:48 |  URL |  【コメント編集】

■After hours *69

TBできずにすみません。やっと『ペイルライダー』をUPしました。
cassavetes69 |  2005.01.31(月) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

リンクの変更お手数かけました。
無理してまで更新することもないので、マイペースが一番ですよ。
自分も今は結構更新してますが、そのうちどうなるかわかりません(笑)
また記事がアップされるのをゆっくり待ってますね^^
micchii(管理人) |  2005.01.30(日) 20:57 |  URL |  【コメント編集】

■Cinema at random

ご連絡ありがとうございます。早速リンクを張り替えさせていただきました。

精力的に記事をUPされてますね、すばらしいです。リンクしていただいてるのに、私の方は文字通り3日坊主で・・・・
書きたいことは山のようにあるのですが、なかなかまとまった時間がとれません。あきらめたわけではありませんので、またそのうち書き始めます。よろしく。
Pharos |  2005.01.29(土) 10:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/112-a72bc193

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『ペイルライダー』 1985年アメリカ

    "PALE RIDER" [ペイルライダー] 先日、BS-TBSで放映していた『ペイルライダー』を観ました。 -----story------------- ・・・・そいつは地獄の香りがした。 鉱山主に牛耳られているカリフォルニアのある町。 そこに、鉱山主に抵抗する一家があった。 顔役の圧力が増大する中、この町に一人の男が現れる。 「プリーチャー」と呼ばれたその男は、一家を助...
2017/01/26(木) 22:48:51 | じゅうのblog

『ペイルライダー』 '85アメリカ

    "PALE RIDER" [ペイルライダー] 先日、BS-TBSで放映していた『ペイルライダー』を観ました。 -----story------------- ・・・・そいつは地獄の香りがした。 鉱山主に牛耳られているカリフォルニアのある町。 そこに、鉱山主に抵抗する一家があった。 顔役の圧力が増大する中、この町に一人の男が現れる。 「プリーチャー」と呼ばれたその男は、一家を助...
2016/04/15(金) 22:15:04 | じゅうのblog

戦う牧師ウエスタン [映画]ペイルライダー

金城一紀さんの小説「映画篇」が好きで、「映画篇」に出てくる映画はできるだけ見ることにしています。 今回の「ペイルライダー」はクリント・イーストウッド主演の西部劇。町の独
2013/08/18(日) 15:19:57 | 日々の書付

Clint Eastwood, Pale Rider(ペイルライダー), 1985

by Seesaaショッピングペイルライダー¥ イーストウッドの作品なら外れがないだろうと思って、「西部劇」のカテゴリーから一本選ぶと、やはりアタリだった。80年代に完璧な西部劇を再現してしまったということにだけでもびっくり。採掘現場とか、テレグラムとか、銃とか、...
2008/07/31(木) 17:34:07 | 映画狂人百歩手前

ペイルライダー

原題: Pale Rider 1985年 アメリカ 監督: クリント・イーストウッド 出演: クリント・イーストウッド/マイケル・モリアーティ/ キャリー・スノッドグレス/ クリストファー・ペン/ リチャード・ダイサート *****************************************************..
2008/07/13(日) 09:16:47 | マイシネマ日記

Nameless man

不気味で幽玄な雰囲気の西部劇『荒野のストレンジャー』の勧善懲悪バージョンの作品が『ペイルライダー』です。もちろんクリント.イーストウッドの監督によるもの。ストーリーからは復讐の要素は薄まり、横暴な金持ちに正義の鉄槌を喰らわせる従来の西部劇的で男の哀愁と強
2006/07/03(月) 02:27:57 | !!!!! 大佐日報 !!!!!

ペイルライダー

「ペイルライダー」★★★★(DVD) 1985年アメリカ 監
2005/06/19(日) 16:52:27 | いつか深夜特急に乗って

ペイルライダー

  Pale Rider1985年 アメリカ 105分 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド 、マイケル・モリアーティ 、キャリー・スノッドグレス冒頭から胸騒ぎのするシーン。馬を駆り、荒野を走り抜けるカウボーイハットの男たち。ドドドドッ、ドドドドドッと
2005/02/12(土) 22:47:35 | I LOVE CINEMA +

▲PageTop

 | BLOGTOP |