2015.02.24

『伝説のF1チャンピオン ニキ・ラウダ/33日間の死闘』(ハネス・M・シャッレ)

伝説のF1チャンピオン ニキ・ラウダ プライドをかけた33日間の死闘

当時の映像や本人たちのインタビュー中心で、『ラッシュ/プライドと友情』よりもずっとドキュメンタリー的。

ラウダだけの話でなく、“カーレースにおける安全”がテーマで、しかもそれが全く考えられていなかったという…。

伝説のF1チャンピオン ニキ・ラウダ プライドをかけた33日間の死闘

4ヶ月連続死者が出たとか、よくやってたなというレベル。

なので、現役世代はラウダ世代に、ラウダ世代はさらにもっと昔の世代に、自分たちにはとても無理というの込みの絶対的な尊敬の思いがあり、そこに何よりぐっときます。



[原題]Lauda:33 Days - Born to be Wild
2014/オーストリア/95分
[監督]ハンネス・M・シャラ
[出演]ニキ・ラウダ/ジェームス・ハント/ジャッキー・スチュワート/ルイス・ハミルトン/マーク・ウェバー/ヨッヘン・マス

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ラッシュ/プライドと友情』(ロン・ハワード)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/11055-1ec36239

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |