2009.03.31

“愛すべき音楽たち”選考中

プロフィールには、“愛すべき映画ベスト20”として、オールタイムベストを20本挙げています。
この20本と同じくらい愛している映画はまだあるので、そろそろ30本くらいに拡大したいところですが・・・。

今回は、映画ではなく音楽の話です。

右カラムの一番下に、「ブクログ」を利用して、お気に入りのアルバムを並べています。
「できるところまで、1アーティスト1枚でいきたいと思います」と書いた手前、今のところまだその縛りで頑張っています。(現在74枚)

それで、少し前に友人と、お互いのオールタイムベストを1枚のCD-Rにして交換しようという話に。
こうなると、アルバム単位ではなく、曲単位での勝負となります。

CD-R1枚というと、1曲5分として15曲くらい。
観たことがある映画よりも、聞いたことがある曲の方がずっと多いので、その中から15曲に絞るなど、映画以上に困難極まりない・・・。
しかも、その友人は、自分より遥かに音楽に詳しいときています・・・。

そんなわけで、連日頭を悩ませているわけですが(アナログでは持っていてもCDで持っていないためPCに取り込めないという物理的問題も。ほんとのお気に入りはアナログで持っているんですよね・・・)、少しずつ形になってきました。
「ブクログ」ではジャズが結構入っていますが、ジャズを入れるときりがないので、今回はジャズは外して考えています。

そんな中から、いつ選んでもこれだけは入るだろうという曲を何曲か。

「Southern Man」Neil Young

全曲名曲の大傑作『After the Gold Rush』のハイライト。「Tell Me Why」「After the Gold Rush」「Only Love Can Break Your Heart」と、あまりの美しさに言葉を失っていると、突如炸裂するギター。“泣きのギター”の最高峰。

「Alone Again Or」Love

“あの時代のロック”では、ビートルズよりもディランよりもこれ。何から何まで全てがツボ。
4分過ぎからは「A House Is Not A Motel」です。これまた名曲。

「Innocent When You Dream (Barroom)」Tom Waits

「Grapefruit Moon」も「Jockey Full Of Bourbon」も「Time」ももちろん捨てがたいですが、映画『スモーク』の影響もあって、1曲選れべと言われたらこれ。

「Hallelujah」Jeff Buckley

映画でもリメイクがオリジナルを超えるのは至難の業ですが、これは完全にオリジナルを超えています。“史上最高のカヴァー”。

「Try A Little Tenderness」Otis Redding

ウォン・カーウァイも『マイ・ブルーベリー・ナイツ』で使った、Otis Redding魂の熱唱。

“大好きな曲”は山ほどありますが、それを通り越して、“なくてはならない曲”のレベルまで達している曲たち。

それでは、引き続き選考作業に取り掛かります(笑)

 

TB(0) CM(6) EDIT

*Comment

■>acoyoさん

あくまでも、15曲と比べて「少し楽」でした。
CDラック、連日睨みつけてきます。いつもなら心の友なのになぁ・・・。
考えていてもきりがないので、近日中にUPします。もうしばらくお待ち下さい。
micchii |  2009.04.07(火) 12:02 |  URL |  【コメント編集】

■そうです31曲(涙)

ごめんなさい。いや、算数からやり直したいと(涙)。
>暗に「お前も31曲選べ」というこのさりげない強制ぶりが素晴らしいです(笑)
いえ、そんなつもりは毛頭っ(爆)。でも、31曲でも結構たいへんですよ。当時、TBした全員が選んだ後でCDラックがコワイと言ってましたから。
acoyo |  2009.04.06(月) 00:37 |  URL |  【コメント編集】

■>acoyoさん

エントリー拝見しましたら、何度も「31曲」とあるんですが・・・。やはりacoyoさん、まず何よりも数の数え方から(以下略)

「こっちのエントリできあがったらTBさせていただいてよろしいですか?」、暗に「お前も31曲選べ」というこのさりげない強制ぶりが素晴らしいです(笑)
そう言われたら、選ばないわけにはいかないじゃないですか。その際には、喜んでTB受けさせていただきます。
でも、31曲だと、“絞込み”の作業が少し楽になるかも。

31曲の選曲よりも、同居人様の「「何これ。MILLENNIUM3?」というコメントがツボでした(爆)
「I Wanna Be Adored」と「Stan」は自分も入れたいですね~。

「Hallelujah」ですが、言うまでもなくコーエンも素晴らしいですが、より突き刺さってくるのはジェフ・バックリーなんですよね~。
micchii |  2009.04.04(土) 13:02 |  URL |  【コメント編集】

■以前に、

私が選ぶ33曲、というのをエントリにしました。こっちのエントリできあがったらTBさせていただいてよろしいですか? 4年くらい前の古いエントリなんで、今ではかなり修正したくなってますが、もう選び直すの面倒なんで放置決定と(爆)。
いえ、33曲という半端な数の理由はエントリ中に書いてますんで。

ジェフ・バックリーは私も大昔にエントリにしましたが、オリジナルに並ぶ、というとこで(藁)。コーエンのテイクも年を経るごとに凄まじいもんになってるのもありますし。しかし、カバー見るときにコーエンは外せませんねえ。
acoyo |  2009.04.03(金) 16:19 |  URL |  【コメント編集】

■>鍵コメさん

コメントありがとう。
今のところ「1アーティスト1枚」だから泣く泣く入ってないけど、その制限がとれたら「Voodoo」は真っ先に入れるよ!
ベスト、凝りだしたらきりがないので、近々完成予定。
micchii |  2009.04.03(金) 13:04 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.04.02(木) 08:32 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1032-16510e2f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |