2020.01.05

『最後の歓呼』(ジョン・フォード)

最後の歓呼

賑やかなパレードと反対方向に、一人家路につく1分弱の長回し、図らずもその背中に当たる最後のスポットライト、からの微かに肩をすくめての亡き妻の肖像画への微笑み。

笑える映画でもあるのに、一気にもっていかれて涙腺決壊。

年明けから早くも今年の旧作ベストワンは確定か。

大傑作。



[原題]The Last Hurrah
1958/アメリカ/121分
[監督]ジョン・フォード
[出演]スペンサー・トレイシー/ジェフリー・ハンター/ダイアン・フォスター/ベイジル・ラスボーン/パット・オブライエン/ドナルド・クリスプ/ジェームズ・グリーソン/エドワード・ブロフィ/ジョン・キャラダイン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『太陽は光り輝く』(ジョン・フォード)
『静かなる男』(ジョン・フォード)
『駅馬車』(ジョン・フォード)

TB(0) CM(0) EDIT

2019.12.29

『悪女/AKUJO』(チョン・ビョンギル)

悪女/AKUJO

ようやく観たけど、これは酷い…。映画館で観てたら年間ワースト1レベル。

やってることは凄いのかもしれないけど、こんなの「狂気の最先端アクション©公式」でも何でもない、ただ見にくいだけ。

悪女 AKUJO キム・オクビン シン・ハギュン

キャストは好きな顔ぶれが揃っているだけに、もったいなさに怒りがこみ上げてくるレベル。



[原題]악녀
2017/韓国/123分
[監督]チョン・ビョンギル
[出演]キム・オクビン/シン・ハギュン/ソンジュン/キム・ソヒョン/チョ・ウンジ/イ・スンジュ/ソン・ミンジ 

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『殺人の告白』(チョン・ビョンギル)

TB(0) CM(0) EDIT

2019.12.15

『レイダース 欧州攻略』(ジングル・マ)

レイダース 欧州攻略

トニー・レオン主演、まさかのシリーズ第3弾。

終盤までゆる〜いアクションもののはずが、一気に切なさに振る、久しぶりのジングル・マ節炸裂。

レイダース 欧州攻略 トニー・レオン

託された思いのために、賭けられたハートのために、そこまでするかの手の込んだ大芝居。

ピーター・カムの音楽も無駄に名曲。

大好き。



[原題]欧洲攻略
2018/香港/100分
[監督]ジングル・マ
[音楽]ピーター・カム
[出演]トニー・レオン/クリス・ウー/ティファニー・タン/ドゥ・ジュアン/ジージャー・ヤーニン/ジョージ・ラム

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『スピード・エンジェルス』(ジングル・マ)
『ムーラン』(ジングル・マ)
『バタフライ・ラヴァーズ』(ジングル・マ)
『芭啦芭啦櫻之花』(ジングル・マ)
『冷戦』(ジングル・マ)
『東京攻略』(ジングル・マ)
『星願 あなたにもういちど』(ジングル・マ)

TB(0) CM(0) EDIT

2019.12.08

『修羅の華』(イ・アンギュ)

修羅の華

「心をつかむには、その人の大事なものを守ってやればいい。自分が大切な人になろうとするな」

変わらず一緒にいたい男、変わるためには一緒になれない女。

修羅の華 キム・ヘス イ・ソンギョン

撃ち合うしかない二人。

振り返って欲しかった男と、最後まで振り返らなかった女。

ハードボイルドなラブストーリー、いいですねぇ。



[原題]미옥
2017/韓国/91分
[監督]イ・アンギュ
[出演]キム・ヘス/イ・ソンギュン/イ・ヒジュン/チェ・ムソン/キム・ミンソク/オ・ハニ/アン・ソヨン 

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『観相師 -かんそうし-』(ハン・ジェリム)
『10人の泥棒たち』(チェ・ドンフン)

TB(0) CM(0) EDIT

2019.11.10

『殺人捜査線』(ドン・シーゲル)

殺人捜査線

タクシーに投げ込まれる鞄、衝突、逃走、轢かれた警官の執念の一発、再びの衝突、50秒のアバンタイトルから尋常ではないかっこよさ。

殺人捜査線 イーライ・ウォラック

サウナの湯気、繰り返されるサイレンサー、少女の無邪気な頼み、沈黙を破る「お前は死ぬ」の静かなる凄み、からの繰り返される転落!

超がつく大傑作。



[原題]The Lineup
1958/アメリカ/86分
[監督]ドン・シーゲル
[脚本]スターリング・シリファント
[出演]イーライ・ウォラック/ロバート・キース/リチャード・ジャッケル/メアリー・ラロシュ/ウィリアム・レスリー/エミール・メイヤー/マーシャル・リード/レイモンド・ベイリー/ヴォーン・テイラー/ワーナー・アンダーソン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『突破口!』(ドン・シーゲル)
『殺人者たち』(ドン・シーゲル)
『ラスト・シューティスト』(ドン・シーゲル)
『突撃隊』(ドン・シーゲル)
『グランド・キャニオンの対決』(ドン・シーゲル)

TB(0) CM(0) EDIT
 | BLOGTOP |  NEXT