2018.05.14

『月の出の脱走』(ジョン・フォード)

月の出の脱走

2話目の『1分間の停車』。

田舎の駅の停車時間は1分間、すぐに出発のはずが、次から次へと問題が発生し、何回も1分間が延長される!

月の出の脱走

その度にビールを飲みに食堂に殺到する乗客たち、1等席を占拠するヤギ、1分でまとまるお見合い、11年9か月と3日目のデート。

絶品のジョン・フォード節。



[原題]The Rising of the Moon
1957/アイルランド・アメリカ/81分
[監督]ジョン・フォード
[出演]ノエル・パーセル/シリル・キューザック/モーリーン・コンネル/フランク・ロートン/ジミー・オディア

→Movie Clip →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.04.09

『ブラック・エース』(マイケル・リッチー)

ブラック・エース

「俺の手下はハンバーガーにはさせねえ」が文字通りの意味の恐怖の食肉工場、殴り込みをかけるリー・マーヴィン、迎え撃つジーン・ハックマン!

ブラック・エース リー・マーヴィン ジーン・ハックマン

農業祭、ひまわり畑、牛小屋と、ちょっと変わった銃撃戦の舞台が面白い。

白眉は小麦畑での破壊力抜群の超巨大コンバインからの逃走劇!



[原題]Prime Cut
1972/アメリカ/88分
[監督]マイケル・リッチー
[出演]リー・マーヴィン/ジーン・ハックマン/グレゴリー・ウォルコット/エンジェル・トンプキンス/ジャニット・ボールドウィン/シシー・スペイセク/ハワード・プラット/レス・ラノム/エディ・イーガン

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.02.28

『ジュリエット・イン・ラブ』(ウィルソン・イップ)

ジュリエット・イン・ラブ

ウィルソン・イップ監督、やはり“心のやりとり”を描かせたら超一流。

二人で黙って麺を食べるシーンですでに涙腺決壊してたけど、映画を観終わった後だと、「Life is no longer Tough when I have your gentle Touch」のコピーがあまりに完璧すぎて涙で読めない…(号泣)

ジュリエット・イン・ラブ ラム・シュー

雪ちゃんもまさかの大活躍!


[原題]朱麗葉與梁山伯
2000/香港/89分
[監督]ウィルソン・イップ
[出演]フランシス・ン/サンドラ・ン/サイモン・ヤム/ラウ・イータット/エリック・コット/アンジェラ・トン/ラム・シュー

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.02.22

『最後まで行く』(キム・ソンフン)

最後まで行く

小悪党vs大悪党のピカレスク・ロマンで、むちゃくちゃ面白い!

あらゆる小ネタを駆使しながら、ガタイの良さ一発で人物に説得力を持たせた後の、ある“ブツ”の大きさと重さが最高。

SFアクション映画ではなく、日常の中でのあの大きさと重さ。

あれで“最後まで行く”スイッチが入る。

傑作。

最後まで行く [DVD]最後まで行く [DVD]
アルバトロス 2015-07-03

Amazonで詳しく見る

[原題]끝까지 간다
2014/韓国/111分
[監督]キム・ソンフン
[出演]イ・ソンギュン/チョ・ジヌン/チョン・マンシク/シン・ジョングン/シン・ドンミ/キム・ドンヨン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『最後まで行く』のポスター集

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.02.12

『オペレーション・メコン』(ダンテ・ラム)

オペレーション・メコン1

ジョニー・トー監督の

アクションシーンを撮る時に重要なのは、決して冗長にしないことだ。そのためには、アクション以外のシーンを効果的に使う必要がある。伏線を敷いて盛り上げるんだ。アクションに向けて雰囲気を整え、キャラクター描写をしておく。そうすれば、銃撃戦が始まった瞬間、作品に爆発的な迫力が生まれる。

という言葉があるけど、それぞれのアクションシーン自体は凄いのに映画全体では冗長になっているという、わかりやすい典型的な悪い例。

オペレーション・メコン シャオティエン

フルスロットルの車相手に木の椅子を手に突っ込むところと警察犬シャオティエンは最高。

オペレーション・メコン [DVD]オペレーション・メコン [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2017-11-08

Amazonで詳しく見る

[原題]湄公河行動
2016/中国・香港/123分
[監督]ダンテ・ラム
[出演]チャン・ハンユー/エディ・ポン/チェン・パオクオ/スン・チュン/ジョイス・フェン/ロー・ワイコン/ウー・シュートン/カール・ン

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT
 | BLOGTOP |  NEXT