2017.02.01

『海の底』(ジョン・フォード)

海の底

Uボートvs偽装船Qボート。

終盤の撃ち合いも凄いけど、Uボート艦長の妹と米艦長の恋、少尉がひっかかるハニートラップのくだりも面白い。

散々踊った後で、羨ましがっていた仲間の男にいきなりキス!

一人で敵船へ乗り込む少尉が船に泳いで行く時の、水面に反射する陽の光の美しさが絶品。

[原題]Seas Beneath
1931/アメリカ/90分
[監督]ジョン・フォード
[出演]ジョージ・オブライエン/マリオン・レッシング/ヘンリー・ヴィクター

→Movie Clip →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『周遊する蒸気船』(ジョン・フォード)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2017.01.03

『襲われた幌馬車』(デルマー・デイヴィス)

襲われた幌馬車 ポスター

コマンチ族に育てられた白人の主人公にリチャード・ウィドマークという時点で最高。

襲われた幌馬車 リチャード・ウィドマーク

16vs300でのアパッチの大軍の突撃からの脱出方法、縛り首の裁判がいきなり結婚式に変わる展開と、力技の脚本ながら最後はちゃんとぐっとくる。

“聖地”セドナでのロケによる大自然も必見!



[原題]The Last Wagon
1956/アメリカ/98分
[監督]デルマー・デイヴィス
[出演]リチャード・ウィドマーク/フェリシア・ファー/スーザン・コーナー/トミー・レティグ/ステファニー・グリフィン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『折れた矢』(デルマー・デイヴィス)
『決断の3時10分』(デルマー・デイヴィス)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2017.01.02

『デス・ハント』(ピーター・ハント)

デス・ハント ポスター

カナダの雪山を舞台に、リー・マーヴィン、カール・ウェザース、エド・ローター他数十人が追うのは、チャールズ・ブロンソン!

華を添えるのはアンジー・ディキンソン!

デス・ハント リー・マーヴィン

デス・ハント チャールズ・ブロンソン

マーヴィンとブロンソンが双眼鏡越しに視線が合って、お互いにニヤリと笑みを浮かべるシーンだけで100億点。

何が一番凄いって、これが実話というのが凄すぎる…。



[原題]Death Hunt
1981/アメリカ/97分
[監督]ピーター・ハント
[出演]チャールズ・ブロンソン/リー・マーヴィン/アンジー・ディキンソン/アンドリュー・スティーヴンス/カール・ウェザース/エド・ローター

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『特攻大作戦』(ロバート・アルドリッチ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2017.01.02

『誇り高き男』(ロバート・D・ウェッブ)

誇り高き男

保安官ロバート・ライアン&保安官助手ウォルター・ブレナン!

怪我をして戻ってきたライアンをウイスキーで消毒!

誇り高き男 ロバート・ライアン ウォルター・ブレナン

椅子に腰掛けながら新聞を読むブレナンが、事務所から出て行こうとするライアンより素早く銃を抜いて、「気を抜くな」とニヤリとするシーンもたまらない!

いぶし銀すぎる。



[原題]The Proud Ones
1956/アメリカ/103分
[監督]ロバート・D・ウェッブ
[撮影]ルシアン・バラード
[音楽]ライオネル・ニューマン
[出演]ロバート・ライアン/ヴァージニア・メイヨ/ジェフリー・ハンター/ロバート・ミドルトン/ウォルター・ブレナン/アーサー・オコネル

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『狼は天使の匂い』(ルネ・クレマン)
『特攻大作戦』(ロバート・アルドリッチ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2016.11.11

『ハリケーン』(ジョン・フォード)

ハリケーン ポスター

前半に繰り返される執念の脱獄劇も悪くないし、赤ん坊が生まれるくだりなんてまさにジョン・フォード節炸裂だけど(『駅馬車』と同じく医者はトーマス・ミッチェル!)、クライマックスのハリケーンの描写が驚異的。

ハリケーン ジョン・フォード

1937年の映画なのに、あの『イントゥ・ザ・ストーム』よりも凄い。



[原題]The Hurricane
1937/アメリカ/103分
[監督]ジョン・フォード
[音楽]アルフレッド・ニューマン
[出演]ドロシー・ラムーア/ジョン・ホール/メアリー・アスター/C・オーブリー・スミス/トーマス・ミッチェル/レイモンド・マッセイ/ジョン・キャラダイン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『イントゥ・ザ・ストーム』(スティーブン・クォーレ)

 

TB(0) CM(0) EDIT
 | BLOGTOP |  NEXT