2018.02.22

『最後まで行く』(キム・ソンフン)

最後まで行く

小悪党vs大悪党のピカレスク・ロマンで、むちゃくちゃ面白い!

あらゆる小ネタを駆使しながら、ガタイの良さ一発で人物に説得力を持たせた後の、ある“ブツ”の大きさと重さが最高。

SFアクション映画ではなく、日常の中でのあの大きさと重さ。

あれで“最後まで行く”スイッチが入る。

傑作。



[原題]끝까지 간다
2014/韓国/111分
[監督]キム・ソンフン
[出演]イ・ソンギュン/チョ・ジヌン/チョン・マンシク/シン・ジョングン/シン・ドンミ/キム・ドンヨン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『最後まで行く』のポスター集

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.02.12

『オペレーション・メコン』(ダンテ・ラム)

オペレーション・メコン1

ジョニー・トー監督の

アクションシーンを撮る時に重要なのは、決して冗長にしないことだ。そのためには、アクション以外のシーンを効果的に使う必要がある。伏線を敷いて盛り上げるんだ。アクションに向けて雰囲気を整え、キャラクター描写をしておく。そうすれば、銃撃戦が始まった瞬間、作品に爆発的な迫力が生まれる。

という言葉があるけど、それぞれのアクションシーン自体は凄いのに映画全体では冗長になっているという、わかりやすい典型的な悪い例。

オペレーション・メコン シャオティエン

フルスロットルの車相手に木の椅子を手に突っ込むところと警察犬シャオティエンは最高。



[原題]湄公河行動
2016/中国・香港/123分
[監督]ダンテ・ラム
[出演]チャン・ハンユー/エディ・ポン/チェン・パオクオ/スン・チュン/ジョイス・フェン/ロー・ワイコン/ウー・シュートン/カール・ン

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.02.11

『スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞』(リンゴ・ラム)

スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞

かなりの豪華な顔ぶれの割には全く面白くないけど、文字通り“スカイ・オン・ファイア”なあるシーンには開いた口が塞がらない。

リー・ハイタオvsフィリップ・キョンというジョニー党員にはたまらない対決も。

チャン・ジンチュー好きにはつらい映画でもある。



[原題]沖天火
2016/中国/100分
[監督]リンゴ・ラム
[出演]ダニエル・ウー/ジョセフ・チャン/アンバー・クオ/チャン・ジンチュー/チャン・ルオユン/ファン・クァンヤオ/リー・ハイタオ/チョン・シウファイ/フィリッップ・キョン/ウェイン・ライ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞』のポスター集

 

TB(0) CM(0) EDIT

2017.10.16

『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』(ウー・ジン)

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊

内容はさておき、ライフル、拳銃、ナイフ、蹴りと次々と武器を変えたウー・ジンvsスコット・アドキンスがこれでもかと拝めるのがたまらない!

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊 ウー・ジン

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊 スコット・アドキンス

無線で上官の合図を聞きながら、スナイパーの攻撃を走りながら次々とかわす描写も最高。

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊 ユー・ナン



[原題]戦狼
2015/中国/96分
[監督]ウー・ジン
[出演]ウー・ジン/ユー・ナン/スコット・アドキンス/ニー・ターホン/ケヴィン・リー/シー・ジャオチ/シュウ・シャオオー/トン・ツィイー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(ウー・ジン)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2017.08.27

『河上の別荘』(ジョン・フォード)

河上の別荘

スペンサー・トレイシー&ボギー豪華共演、むちゃくちゃ面白い!

1度目の脱獄は自分のため、2度目の脱獄は友の恋の橋渡しのため。

河上の別荘 スペンサー・トレイシー ハンフリー・ボガート

囚人野球チームのエースでもあるので、刑務所対抗の大事な試合のためにはちゃんと戻ってくる!

リンカーンの顔を知らなくて、「お父さん?」の相棒も最高。



[原題]Up the River
1930/アメリカ/92分
[監督]ジョン・フォード
[出演]スペンサー・トレイシー/ウォーレン・ハイマー/ハンフリー・ボガート/クレア・ルース

→本編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『太陽は光り輝く』(ジョン・フォード)
『静かなる男』(ジョン・フォード)
『駅馬車』(ジョン・フォード)
『リバティ・バランスを射った男』(ジョン・フォード)

 

TB(0) CM(0) EDIT
 | BLOGTOP |  NEXT