2019.01.03

『アリー/ スター誕生』(ブラッドリー・クーパー)

アリー スター誕生

サム・エリオット、無茶苦茶渋すぎだろ!

彼の出ているシーンは全部が最高。

アリー スター誕生 ブラッドリー・クーパー サム・エリオット

「俺が崇めているのは兄貴だ」の言葉に、溢れそうな涙をなんとかして堪えながら、無言で車をバックさせるお兄ちゃん(サム・エリオット)。

堪えている本人の代わりに、観ているこちらの涙腺が決壊。

絶品。



[原題]A Star Is Born
2018/アメリカ/136分
[監督]ブラッドリー・クーパー
[音楽]タンジェリン・ドリーム
[出演]ブラッドリー・クーパー/レディー・ガガ/アンドリュー・ダイス・クレイ/デイブ・シャペル/サム・エリオット/アンソニー・ラモス/ラフィ・ガヴロン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『アメリカン・スナイパー』(クリント・イーストウッド)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2019.01.02

『恐怖の報酬』(ウィリアム・フリードキン)

恐怖の報酬

初見。

想像と期待の遥か上を行く、気の狂った大傑作だった、これは凄い…。

恐怖の報酬

隣の方が吊り橋のシーンで手を組んで祈ってたけど、危うく見知らぬ方と並んで祈る怪しい人になるところだった。

今までソフトで観なかった、初見を映画館まで取っておいた自分にも感謝。

最高。



[原題]Sorcerer
1977/アメリカ/121分
[監督]ウィリアム・フリードキン
[音楽]タンジェリン・ドリーム
[出演]ロイ・シャイダー/ブルーノ・クレメル/フランシスコ・ラバル/アミドウ/ラモン・ビエリ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
クエンティン・タランティーノが選んだオールタイムベスト12

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.09.24

『ザ・プレデター』(シェーン・ブラック)

ザ・プレデター

『特攻大作戦』好きにはただでさえたまらない映画だけど、その世界観の中に立場も描かれ方も対等な一人の人間として登場するブラケット博士(オリヴィア・マン)の存在は、何気に結構凄いことでは?

ザ・プレデター オリヴィア・マン

部隊は例によって“7人”だけど、彼女も完全に対等なその中の一人。

水面蹴り最高!



[原題]The Predator
2018/カナダ・アメリカ/107分
[監督]シェーン・ブラック
[脚本]フレッド・デッカー・/シェーン・ブラック
[出演]ボイド・ホルブルック/ジェイコブ・トレンブレイ/オリヴィア・マン/スターリング・K・ブラウン/トレヴァンテ・ローズ/キーガン=マイケル・キー/トーマス・ジェーン/アルフィー・アレン/アウグスト・アギレラ/イヴォンヌ・ストラホフスキー/ジェイク・ビューシイ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『特攻大作戦』(ロバート・アルドリッチ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.09.13

『SPL 狼たちの処刑台』(ウィルソン・イップ)

SPL 狼たちの処刑台

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。

アクション監督サモ・ハンの引き出しの多さは流石だけど、超がつくハイレベルで動けるメインキャラが3人もいるので、サモ・ハンも振り付けしてて楽しくて仕方がなかったろうなぁ。ウー・ユエ、トニー・ジャー、クリス・コリンズ、3人とも凄すぎ。一挙手一投足をじっくり観たい。

SPL 狼たちの処刑台 ウー・ユエ トニー・ジャー クリス・コリンズ ウィルソン・イップ

他の3人が凄すぎるだけで、ルイス・クーもむちゃくちゃ頑張ってた!武術を極めている3人と比べるのがそもそも無理な話なので、これだけ動ければ十分。かなりカメラワークに助けられてたけど。

SPL 狼たちの処刑台 ルイス・クー サモ・ハン

『SPL 狼たちの処刑台』の撮影現場から、ルイス・クー、トニー・ジャー、ウー・ユエ、ロー・ワイコン、クリス・コリンズ、ラム・カートン。あと、ここにはいませんがヴィタヤ・パンスリンガムも重要な役で出ていますし、脇の顔ぶれもたまりませんよねぇ。

SPL 狼たちの処刑台 ルイス・クー トニー・ジャー ウー・ユエ ロー・ワイコン クリス・コリンズ ラム・カートン

『SPL 狼たちの処刑台』チーム、スタッフまで入るとさらにむちゃくちゃ豪華な顔ぶれに。

SPL 狼たちの処刑台 スタッフ写真



[原題]殺破狼・貪狼
2017/香港・中国/101分
[監督]ウィルソン・イップ
[アクション監督]サモ・ハン
[出演]ルイス・クー/ウー・ユエ/トニー・ジャー/クリス・コリンズ/ラム・カートン/ロー・ワイコン/ジャッキー・チョイ/チャン・ハンナ/ヴィタヤ・パンスリンガム

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『SPL 狼たちの処刑台』のポスター集
『SPL/狼よ静かに死ね』(ウィルソン・イップ)
『ドラゴン×マッハ!』(ソイ・チェン)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2018.08.13

『ウインド・リバー』(テイラー・シェリダン)

ウインド・リバー

白人もネイティブアメリカンも古兵も新米も関係ない。

運など介在する余地のない、雪以外何もない極寒の地で、諦めるか、生き残るか。

ウインド・リバー ジェレミー・レナー エリザベス・オルセン

スノーモービルでの疾走、静から動への切り替えも最高な銃撃戦の緊迫感、撃つ姿をあえて映さない遠方からの狙撃!

現代版西部劇の最高峰。

大傑作。





[原題]Wind River
2017/イギリス・カナダ・アメリカ/107分
[監督・脚本]テイラー・シェリダン
[音楽]ニック・ケイヴ/ウォーレン・エリス
[出演]ジェレミー・レナー/エリザベス・オルセン/ジョン・バーンサル/ギル・バーミンガム/ケルシー・アスビル/グラハム・グリーン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ウインド・リバー』のポスター集

 

TB(0) CM(0) EDIT
 | BLOGTOP |  NEXT